FC2ブログ
2019_04
17
(Wed)23:50

かえるの旅路その3。

「旅かえる」相変わらずのんびりと続けています☆
前回記事を書いた後にアップデートと北の旅イベントがあったのでその写真からご紹介します。

tabikaeru49.jpg
伊王島灯台。
幕末に建てられた洋式灯台ですね。

tabikaeru50.png
鳴門公園。
鳴門の渦潮はいっぺん見てみたいんですよな~お天気や季節によるらしいですが。見たい。

tabikaeru51.png
七ツ釜。
玄界灘の荒波に削られて7つの洞窟ができたところらしい…自然の驚異だ。行ってみたい。

また、2月末まで期間限定で「北の旅旅行券」がもらえるイベントがありまして
この旅行券をかえる氏に持たせて旅に出てもらうと行き先が必ず北海道になり、
かえる氏が旅から帰ってくると、北海道の観光地の写真やお土産がもらえました。
tabikaeru52.png
小樽運河。

tabikaeru53.png
釧路湿原。

tabikaeru54.png
美瑛の青い池。

tabikaeru55.png
阿寒湖フロストフラワー。
現在はイベントは終了しているので、この4種類の写真はもうもらえないのですが
また冬になったらやってほしいな。
あと夏や秋になったら別のイベントが開催されたりしないのかなァ(´▽`)。

お友達との写真も時々送ってくれます。
tabikaeru56.png
アリのお友達とコンペイトウを分け合ったり。

tabikaeru57.png
ヤモリのお友達と出くわしたり。

tabikaeru60.png
ネズミさんと金網によじ登ったり。

tabikaeru48.jpg
ひとり旅も満喫しているようです。どんぶらこ~。

tabikaeru59.png
アップデートで買えたラジオ受信機。
ベッドの脇にレトロなラジオが設置され、プレイ中のBGMを選べるようになります。
てっきりかえる氏の旅行先に影響するのかと思っていたけど、特に関係ないっぽい。

tabikaeru58.png
曲のリクエストは動画広告を視聴すると手に入ります。どれもゆったりとした曲でした。
これからもリクエスト曲やお部屋に置けるアイテムが増えていくのかな…
肝心のかえる氏は旅に出ていてほとんど家に居ないけどね( ˘ω˘ )。
スポンサーサイト
2019_04
13
(Sat)23:51

武蔵の地獄と仏教の歴史。

toujigo1.jpg
前回記事の続き。大宮公園でお花見をした後に
同公園内にある埼玉県立歴史と民俗の博物館の「東国の地獄極楽」展に行ってきました。
中世以降の東国(関東)の史料や美術品から地獄極楽についてたどる展覧会です。
桜ミクさんも歴博デビュー☆

toujigo2.jpg
いつもは装束体験で来ている歴博、展示を見るのは久々です。
関東の地獄や極楽の美術って全然知らないので楽しみであります。

toujigo3.jpg
ロビーにあった圓福寺の閻魔王宮八大地獄図(レプリカ)は撮影可。
本物(春日部市指定文化財)は出品されていませんが、由来を記した版木が展示室にありました。
江戸時代の住職だった生善光世が源信の『往生要集』を参考に
2年かけて彫り上げた幅6.6メートルものレリーフです。でかい!

toujigo4.jpg
中央に閻魔大王がいて、左右に八大地獄の様子が彫られています。
閻魔大王以下、登場人物(?)がみんなギョロ目で水木しげるっぽいデザインでおもしろい。
やってることは釜茹で、火の海、切り刻みなどエグいのにキャラクターじみた画面がすごくちぐはぐ、
本物はきっともっと迫力あるんだろうなあ。

展示はまず、地獄極楽は何ぞやということで源信から始まっています。
常光院(熊谷市)の恵心僧都坐像は県内に現存する数少ない源信の画像だそうで
数珠を持ち静かに座る源信がとてもきれいに描かれていました。
そして源信といえば往生要集です!江戸時代のゑ入往生要集(パネル展示)がありました。
極楽の表現として出品されている吉祥院(久喜市)の地蔵菩薩立像の掛軸は
踏割蓮台(台座が2つに分かれているもの)に乗っていました。
地蔵菩薩は地獄絵の隅によく描かれていますよね、地獄に仏というやつですね。
かつて長瀞の博物館に所蔵されていたという阿弥陀如来坐像は顔や体の破損がひどく、
火災に遭ったのではないかとキャプションにありました。おいたわしや。。
阿弥陀如来は極楽図の中心によく描かれる仏様でもあります。

次に、熊谷直実の人生について。
現熊谷市出身の直実は源平合戦の平敦盛とのエピソードが有名ですが
あの戦いの後出家して浄土宗信者となったことはあまり知られていないように思います。
宇治川・一の谷合戦図屏風や吾妻鏡など、当時の戦いを偲ばせる絵や資料がありました。
土佐光信の模写といわれる一の谷合戦絵巻は同じく敦盛と直実の対峙を描いていますが
彼らを描いた絵にしては珍しく海辺などの背景がありません。
未完成なのか想像で補うのか、鑑賞者に問われている気がする。
源平合戦の後、直実は法然に帰依して京都で出家し、蓮生と名乗ります。
信濃の善光寺にある蓮生法師坐像(南北朝時代)の彫刻は手が失われてしまっていますが
蓮生の彫刻は作例があまりないので貴重とのこと。
江戸時代の熊谷蓮生坊絵詞は京都の知恩院が所蔵する法然上人行状絵図を模写した絵巻で
蓮生が予告往生を遂げた様子がパネルで大きく引き伸ばされて展示されていました。
蓮生は上品上生を目指していたらしく、そのことを阿弥陀如来に誓う誓願状をしたためていまして
その誓願状(清凉寺所蔵)も出品されていました。これ自筆らしいですね!貴重だね。
1204年5月13日の日付と署名があり、極楽往生の立願の経緯が細かく書かれていて
ちょこちょこ二重線で消して書きなおしたり小さい文字で付け加えたりしている部分もありました。
蓮生が往生するとき隣に置いていたという迎接曼荼羅(清凉寺)も展示されていて、
中央に阿弥陀如来が坐し、左下に描かれた家屋の中にいる人物が蓮生本人のようです。
これさっきの蓮生坊絵詞の絵を見るとちゃんと蓮生の隣に飾っているのが描かれてるんですよね。
迎接曼荼羅由来はその曼荼羅が熊谷家にどのように伝来してきたかを記した書物で
法然が往生する姿を夢に見て蓮生に与えたということですが、
蓮生がこの曼荼羅を所持していたと思われる1195年ではまだ帰依して日が浅いことから
その辺りは後世の潤色と考えられているそうです。
曼荼羅を受け継ぐには何らかの説話が必要だったということなのかな…権威づけとかハクづけというか。
なんとかして残そう、伝えようとした人たちのご苦労がしのばれます。

続いて、関東における浄土宗信仰について。
法然の孫弟子にあたる第三祖良忠と、良忠の3人の弟子による関東三派の布教活動を通して
関東における浄土宗の始まりと教線の広がりを紹介しています。
キャプションでとても丁寧に、関東三派の詳細な説明がされていたのですが
なじみがないので正直言って難解でした。。
鎮西派として九州からやってきた良忠は鎌倉に光明寺を開山し、関東での布教活動を始めます。
江戸時代の良忠上人坐像は赤と金の美しい袈裟をまとったやさしそうなおじいちゃん像。
このお像は鴻巣の勝願寺が所蔵しているのですが
勝願寺は良忠が北条氏から土地を寄進され建てたお寺なのだそうです。ほお~。
同じく勝願寺の阿弥陀廿五菩薩来迎図は多くの菩薩が坐して迎えに来ているという珍しい作例でした。
良忠は89歳まで長生きした人で、観経疏伝通記など多くの仕事を残しているのですが
1272年に良忠が息子の良暁に宛てた譲状では鳩井(現川口市)の土地を譲るとしていて
その良暁が後継ぎに指名され奥義を伝授されています。
良暁は父の死後、相模国白旗郷に移って活動したので白旗派と呼ばれるようになり、
光明寺の所蔵する附法状には浄土法門の流れが良忠→良暁→良榮であると書いていたり
述聞制文には鎮西流の法門を相伝される経緯を記しているので
良忠に続く正統であるという強い自負があったように感じられました。
寂恵良暁坐像は椅子に座った状態の良暁の彫刻で
ふっくらとした顔に大きな目がつき、払子を持ち背筋をぴっと伸ばした力強い作品でした。
また、良忠の弟子にあたる性心も活動の幅を広げていて
武蔵の藤田(現寄居町)に居住していたことから彼の信者は藤田派と呼ばれるようになります。
東北の藤田派の拠点にあたる高厳寺(福島県)が所蔵していたという阿弥陀二十五菩薩来迎図や
善導寺開祖の良心が創建した蓮光寺(寄居町)の当麻曼荼羅図などが展示されていましたが、
江戸時代の幡随意上人行記(川越の蓮馨寺に学んだ僧)によると
その頃には多くの信者が白旗派に転派して藤田派は消滅してしまったとか。
さらに、同じく良忠の弟子である良弁も鎌倉の名越谷で布教したため
名越派と呼ばれるようになっています。
秘伝を集めた聖教を収めた箱「月形函」について書かれた重書宝函事(門外不可出と書いてある)や
浄土鎮西義名越派代々印璽脈譜(開祖良弁の赤い手形つき)などが展示されていました。
また名越派は善光寺と縁があったようで、善光寺式の仏像がズラリ☆
善光寺式は善光寺の本尊を模した一光三尊形式(阿弥陀(光背つき)・観音・勢至)で作られた仏像のことで
展示品はどれもさほど大きくはない仏像でしたが綺麗な良品ばかりでした。
良榮が持っていたという阿弥陀如来及両脇侍立像、
いわき市に草庵を結んだ真戒(尼僧)の阿弥陀如来及両脇侍立像は小さなサイズでした。
東博の阿弥陀如来及両脇侍立像が一番保存状態が良かったな…さすがです。
ほかにも関東で活躍した僧侶ということで法臺寺(新座市)の観智国師坐像が紹介されていて、
観智は法臺寺で受戒した後、浄土宗を学び増上寺12世となり徳川家康とも仲良しだったそうです。
圓福寺の阿弥陀如来立像及両脇侍像は中尊の体のみ鎌倉時代、ほかは江戸時代の補作だそうですが
観音は膝をかがめて合掌し、勢至は坐しているというやっぱり珍しいポーズでした。

後半は、関東の地獄極楽に関する仏教美術の紹介。
清浄院(越谷市)の閻魔王坐像は真っ赤な肌に口をかっと開け、たくましく髭を生やしていて
いかにもザ☆閻魔って感じ。
唐風の衣装にあぐらをかいて、沓の裏がチラリと見えていました。大きくてかっこいい像だった!
明光寺(狭山市)の地蔵十王図は全13面にそれぞれ十王と賽の河原と奪衣婆が描かれていて
リアルというよりもコミカルでちょっと親しみやすい表現でした。
江戸時代の作らしいのでそうだね、あの時代は美術もデザインもかわいくなっていくからね…。
三学院(蕨市)の地獄図は閻魔王と地獄の責め苦が画面いっぱいに描かれていますが
隅っこに阿弥陀如来がいて救いがある絵でした。
最勝寺(越生町)の十王地獄図もところどころに地蔵菩薩が描かれて救いがあるけど
阿鼻地獄に堕ちる人々をつつむ炎の描写は容赦のない赤ですさまじかったです。ダイナミック地獄堕ち。。
松山(現東松山市)出身の絵師江野楳雪による十界図と六道図は
ど真ん中に阿弥陀如来が、その下に閻魔が描かれる世界の絵で
十界図は曹源寺(江野家の菩提寺)が所蔵しているそうです。
観音寺(八潮市)が所蔵する阿弥陀如来立像は来迎形の姿で、厨子に入っているのですが
厨子の内側にカラフルな菩薩たちが描かれていました。
如来が三次元で菩薩が二次元!こんな来迎図もあるのだなあ。
小さいサイズの当麻曼荼羅も展示されていたのですが、
江戸時代になるとこうした持ち運びしやすい曼荼羅が多く作られるようになったとのことで
思想と流通の広がりについて考えるなどしました。ネットワークが広がるとこういうものが必要になってくるんですね。

最後に。
東善寺(熊谷市)の阿弥陀如来立像が展示されていたのですが
この仏像、最近の調査で快慶の作ではないかとニュースになったものですね。
丸顔で唇が小さく、衣の流れるような紋などに特徴がみられるそうです。
もし快慶作であれば関東で3例目、埼玉県内では初の発見になるとのことで
まあ確かに展示物の仲では垢抜けた作りだなあという印象でした。
大きさは70cmほどで、快慶がよく作っていた三尺阿弥陀より小さく、欠損も多く状態もあまりよくないけど
補修された形跡がないので造像当初の姿に近いのではないかと考えられているそうです。
習作だったのか制作途中だったのかどこかの阿弥陀如来のプロトタイプあるいは胎内仏なのか…
可能性は無限大なのでこれから研究が進んで色んなことが明らかになっていくでしょう。楽しみです。

それにしても埼玉にあんなに江戸時代の地獄絵の事例があったとは思いませんでした…!
だいたい過去に見た地獄絵と似たような表現が多かったけど、
江戸や京都と同じような内容で伝えられていたんだなと。
あと関東三派については本当に勉強になりました。
中世の武蔵における仏教ってほとんど知らなかったので…これを機に理解を深めてゆきたい。

展示で色々勉強した後は野田線で大宮駅に戻ったのですが。
oteppaku_102.jpg
ちがう、帰り道はそっちじゃない。
(埼京線が正しい帰り道なのですが最近大宮に来るとフラフラとこっちへ行きそうになります)
(今週はシンカリオンが運休なので悲しみ)

kawagoetokkyu.jpg
帰りに川越特急とニアミス。
3月から運行している特急列車で川越~池袋間は朝霞台のみ止まります。
残念ながらアートトレインではなかった~いつ走ってるんだろう。1回くらいは見たいなあ。
2019_04
09
(Tue)23:55

桜花咲きかも散ると。

2019sakura1.jpg
我が家の桜です~。今年も満開になりました!
本当に毎年元気よく咲いてくれます。来年も楽しみです。(気が早い)

さてさて、今年のお花見は大宮公園に行きました。
神社や博物館やスポーツ施設などが点在する大宮公園の中には
数百本のソメイヨシノが植えられているので見に行ってきましたよ。
最寄り駅の大宮公園駅は普段はあまり降りる人を見かけないし駅前も閑散としているのですが
この日は電車の乗客も多く、降りて改札を出ると公園方面に歩いていく人がいっぱいいて
みんな行き先は同じだろうなあと思って歩いていったら本当にほぼ皆さん公園に入っていってた。
こういう日もありますね。

2019sakura2.jpg
歴博の裏から池をぐるっと回って氷川神社方面に歩いていきます。
水の上に枝を伸ばす桜がすごくきれい。

2019sakura3.jpg
公園の中の桜にはぼんぼりが吊るされていました。(夜はライトアップもあるそうです)
花は散り始めで葉っぱも少し出ていたけど、まだまだ見頃で
週末だったので人がたくさんいて屋台とかもあっちこっちに出ていました。

「桜花咲きかも散ると見るまでに 誰れかもここに見えて散り行く」柿本人麻呂
(万葉集巻十二・羈旅・三一二九番)

2019sakura4.jpg
青空と花。

2019sakura6.jpg
花のなかにいたカラス。花をついばんで食べていました。

2019sakura7.jpg
池の隅っこに花びらがたまって白くなっていました。大きな花筏。

2019sakura5.jpg
実は桜ミクさんを連れて来ていました。大宮公園デビューです^^

「この道は春に花降る道となる パラダイスとは変化するもの」天野慶
(『恋する歌音』より)

hikawa22.jpg
久し振りに氷川神社にもお参り~。こちらにも人がたくさんいました。

hikawa23.jpg
鳥居をくぐったところにある舞殿でちょうど、お囃子と舞踊をやっていたので見られました。
主にさいたま市内で活動するおむらい流大成三丁目囃子連による奉納です。
笛太鼓のお囃子に合わせてひょっとこが扇を広げて舞っていました。おもしろかった!

hikawa24.jpg
ミクさん、氷川神社デビューです。
後ろの真ん中に写っている屋根が本殿。

hikawa25.jpg
回廊の先の建物で「埼玉の神社御朱印展」(無料)をやっていたので観てきました。
確か色んな神社を巡回している展覧会ですが、この時はたまたま大宮でした。

hikawa26.jpg
県内178社218体もの御朱印が展示されています!
1種類だけでなく数種類出している神社もあるとはいえ、神社だけでこの数なのか。
普段の御朱印から特別な時期の御朱印までデザインも書体も様々でした。
市の神社が多くて、町や村の神社はあまりなかったな…色々事情があるんだろうな。

hikawa27.jpg
御朱印帳も展示されていて、県内30社ほどのデザインを見られました。
シンプルなのからかっこいいのまで色んなデザインがありますなあ。

この後は歴博に移動して東国の地獄極楽展を見てきたのですが
長くなりますので次回記事にて書きたいと思います。


シンカリオン65話感想は追記です~。↓お花見だ!

桜花咲きかも散ると。 の続きを読む »

2019_04
05
(Fri)23:57

小さい頃から時々変なものを見た。

natsumeten_1.jpg
松屋銀座のアニメ夏目友人帳展に行ってきました!
TVアニメ10周年&昨年の劇場版公開を記念して開催された展覧会です。
3年前の大原画展以来、ひさびさの大きな展覧会ですが
3年前と大きく違うのは撮影可であることと撮影スポットの多さ!
ここ数年の2.5次元展覧会の例に漏れず、今回の夏目展も「撮影して楽しむ」ことが大前提になっていて
変わるものだなァとしみじみしました。

natsumeten_3.jpg
入口をくぐると注連縄の切れた社がー!早速の撮影スポットです。
縄は第1話で夏目が引っかけて切ってしまったやつですね…懐かしいね…!
これで封印がとけてニャンコ先生は動けるようになったんだよね。

natsumeten_4.jpg
正面。お茶碗とかお供えとか置いてあるよ…!
「モヤシみたいなやつが来たな」というニャンコ先生のアナウンスが楽しいです。

natsumeten_2.jpg
音声ガイドのある展示についているマーク。
ガイドを借りると夏目とニャンコ先生(神谷さんと和彦さん)の珍道中みたいな解説が聞けます☆

natsumeten_5.jpg
社のお部屋から先に進むとこんな回廊が。
壁にはアニメの名場面が投影されていて見入ってしまいます。なかなか先に進めない。

natsumeten_6.jpg
回廊にはいくつか展示室が併設されていて
白い紐のカーテンで仕切られていますので、順番に入って鑑賞します。
さあ行くぞ~!

以下、写真が多いのでたたんであります↓クリックで開きますのでどうぞ☆

小さい頃から時々変なものを見た。 の続きを読む »

2019_04
01
(Mon)23:55

鉄分効果。

先日は銀座に用事があったのですが、その帰り道で有楽町駅に向かって歩いていて
数寄屋橋交差点の辺りでふと前を見上げましたら。

kosatenshinka1.jpg
えっ!?!!?( ゚Д゚)☆

今まで全然気が付かなかったんですけどあの高架って新幹線の線路もあるんですね!
在来線だけだと思っていたよまじかよ…。
何度も来ている場所なのに今になって気づくとはこれ如何に。

kosatenshinka2.jpg
すれ違いも見られました。
両方ともN700Aだったから…えっつまり…兄と弟…!??(落ち着いて)

しばらく交差点近くに立ち尽くして行き交う新幹線をボーっと眺めてしまいました。
信号が何回変わったかわかりません…。
東京駅がすぐそこですからどの車両も加速前or減速中なのですごくゆっくり走っていて
しかも5分おきくらいにビュンビュン通るので、た、立ち去るタイミングががが。
あの日あの場にいた皆様、そのせつは怪しさ炸裂させてすみませんでした。

やっと気を取り直して有楽町駅から山手線に乗り、
シートが空いていなかったのでドア付近に立って何となく外を眺めていたら
電車が東京駅にすべりこんだと同時に向かいの新幹線ホームにE5系が停まっているのが見えて
あやうく叫ぶところでした。
そうですここは東京駅…!東北と東海道の始発駅なのである!!
写真は撮れませんでしたが、そのE5系はこちらの山手線が停車している間に
スーッと駅を出発していきました。
これからあの車両が行く先にはてっぱくがあるから、
パノラマデッキであの車両を観たり写真撮ったりする人たちがいるんだなと思うとわくわくしてしまって
みんな楽しみにしててね…!とか訳のわからないエールを心の中で送ったりした。
あのあたりは在来線と新幹線の線路が並行になっているので、
真横ではないとはいえ新幹線とすれ違うタイミングがあるのがとても楽しいです。
神田~秋葉原間でE7系が東京駅方面に向かうのを見られたのも楽しかった。

昔から新幹線は好きですが最近は特に熱がすごい…シンカリオン効果は本当にすごい…!
以前は目につかなかったところが急に見つけられたりします。
在来線に乗るときはいつもシートに座って寝ていることが多いですけど
あまり疲れてないときはドア付近に立ってみるのもいいかもしれないなあ。

とか、とか色々楽しんでいるうちに電車は池袋駅に着いたので
最近新発売されたケーキを買うためにホテルメトロポリタンに行きました。
suipencake.jpg
じゃん!Suicaのペンギンケーキです。
1日50個限定でわたしがお店に着いたときは最後の1個でした。よかったよかった。
とろりとしたチョコレートの中味はレモンクリームの入ったはちみつのムースでヘーゼルナッツ入り、
さわやかな味でした。
季節ごとに中味が変わるそうなので次は夏頃に買いに行こうかな!
(ちなみにこのケーキは小さいサイズですが、
予約をすればホールサイズのペンギンケーキも買えるそうですぞ)


シンカリオン64話感想は追記です。↓「シンカリオン、よいものだ」この一言に尽きました。

鉄分効果。 の続きを読む »

2019_03
28
(Thu)23:51

線路は続くよどこまでもその3。

懲りずに先週に引き続き大宮てっぱくでガンガンズダンダン充してきました!
実は先週の訪問では時間が足りなくて全館回りきれなかったので。。
1日で回れないなんて大英やルーヴル美術館クラスのミュージアムのための言葉だと思ってたのに
そんな博物館が国内に、しかも居住県内にあるとは思いませんでした。
先週から特に展示が変わったわけでもないのにまったく飽きずに楽しんできましたけどね。
シンカリオンのお蔭です。シンカリオンはすごいです。

oteppaku_89.jpg
シンカリオンE5(1/5スケール)の展示はこの日の時点で残り5日。
任務完了日の本日に行った人たちによると「任務完了」の看板が立っていたそうです。
お疲れさまでした!!会いに行けて本当にうれしかったよ。

oteppaku_90.jpg
先週行きそびれた場所その1。0系先輩のお部屋です!
車両ステーションではヘッドのみの展示ですが、ここは1両まるごと展示されていて
開業当時の雰囲気が味わえるし車内も見学できるし貴重な資料も見られます。
もはや0系のための0系ルーム。

oteppaku_91.jpg
0系先輩は下にもぐって車輪が鑑賞できるよ!失礼します!!
新幹線の車輪も駅のホームとかだと見えませんからねえ…こういう複雑な部品の絡み合う光景だいすき。

oteppaku_92.jpg
先週行きそびれた場所その2。鉄道文化ギャラリー。
室内は撮影禁止なので写真はありませんが、
鉄道が出てくる小説やマンガ、鉄道をテーマに描いた絵画作品、
駅で販売されている駅弁や駅そばの食品サンプル、鉄道を歌った歌謡曲など
鉄道に関する文学や音楽、絵画、食文化に関する展示がありました。
文学は内田百閒から西村京太郎など、鉄道といえば!な作家さんの作品から
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」など、そこまで網羅するの!?的なものまであったし
駅弁サンプルがかわいくて見飽きない!新幹線の形のお弁当箱にテンションあがってしまった☆

oteppaku_93.jpg
C57の転車台イベントも見てきましたよ。
先週は主に車両についての解説が聞けましたが、今回は汽笛の鳴らし分けの実演がありました。
ポッポッポッと短い汽笛:方向転換、危険を知らせる
ポーッポーッと中くらいの長さの汽笛:運転開始、トンネルや橋を走るとき
ポッポッポーーッと短いのと長い音の組合せ:2両以上で坂道を登るとき、後続の機関車に押してもらい、登り終わってもう押さなくていいよと伝えるとき
ポーーーーーッと長い汽笛:踏切の手前で列車の接近を知らせるとき
色んな音があるのですなあ。
汽笛に種類があるのは気づいてたけど、こうして音とともに説明してもらうとすごくわかりやすいです。

oteppaku_94.jpg
パノラマデッキへ。今日も新幹線がたくさん通ります。速いよかっこいいよ~。

oteppaku_95.jpg
360°ザ・ムービー2回目。
先週は夢中で観てしまったので今回は余裕をもって鑑賞。360°ぐるぐる見回してきました。
シンカリオンが走る風景や捕縛フィールド内がちゃんと360°描いてあったことにやっと気づいて
やっぱり何度か見ないとわからないことってあるなあと。
あと、座った席の位置が前回と違ったのでE6のフミキリキャノンはわたしの頭をかすめていったし
E3の手裏剣もE7のドリルも直接くらうことはなかったので安心して見られたの良かったです。
ブラックのミサイルポッドは相変わらず無差別なので迫力ありましたね~。
そしてイエローはとてつもなくかっこいい。(頭抱)

oteppaku_96.jpg
やっと新幹線ラウンジのリュウジさんが座った椅子に座ってきたんですよ!(一番手前の真ん中の椅子)
前回は緊張して座れなかったけどこの日は勇気出したよ、わたしえらい!!
やっぱり緊張しましたけど後悔したくない気持ちの方が勝りました。がんばった。座れた。感動。ありがとう。(誰に)

oteppaku_98.jpg
トレインレストラン日本食堂にも入りました。
食堂車をイメージした超オシャレなレストランでドキドキしましたけど
電車の窓から外の景色を眺めているような気分になれて楽しかったです。

oteppaku_97.jpg
東京駅の赤レンガをイメージしたパウンドケーキ。
この日の朝の放送で中央迎撃システムを起動しチェンジした東京駅を思い出しながらいただきました。
ぎっしり中味の詰まった、でもしっとりした上品な味でおいしかったです!聖地を食べるぜ。

他にもひと通り楽しみましたが、レポは先週の記事に書きましたので割愛。
閉館間際までウロウロして、名残惜しいですが博物館を出てプロムナードから駅へ向かっていたら。
oteppaku_99.jpg
ガラス戸の向こうにシンカリオン各機!
てっぱくボランティアさんによる新幹線の歴史の展示があったのです~~(^◇^)☆
行くときは気づかなかった。帰りに気づいてよかった。
まるでこの日のシンカリオン全機東京駅集合の図を再現したかのような並び方で
(H5が一番右にいるのとかE3がアイアンウイングなのとかトリニティが合体前なのとか)、
あまりのアニメとのシンクロっぷりにシャッターを押す手が止まらなかった。
こんなことってある??これで中央にイエローと紅がいてくれたら完璧だったわ!!!(滝涙)

oteppaku_100.jpg
大宮支部のモデルになっている大宮てっぱくに模型とはいえこの名前が掲げられていることのエモさよ。
ボランティアの皆さん本当にありがとうございます。
最後の最後までテンションMAXな、とてもいい時間が過ごせました…春の感謝祭に大感謝。

oteppaku_101.jpg
戦利品。
すいペンおみくじは特に大吉とか書かれてはいなくて、素敵なアドバイスをくれる内容でした。
来館記念カード大放出、今回は新幹線の柄だったので
E5×E6をいただいてきましたよ~(^o^)欲しかったからもらえてよかった!

2週にわたって楽しんだのでさすがにもうしばらくは行かないと思いますが、
やっぱり自分がそのとき行きたいところに行くのが体にも心にも一番いいことなんだろうな。
というのは博物館に滞在している間、心がものすごくぴょんぴょんしてて、それが体調にも影響したらしくて
帰ってお風呂入って洗顔したらかつてないくらいお肌トゥルットゥルだったんですよ…。
すごいよ鉄分、いやシンカリ成分。。どんなカウンセリング化粧品より効きます。すばらしいです。


シンカリオン63感想は以下です。↓今回も推しの顔が美しかった。

線路は続くよどこまでもその3。 の続きを読む »

2019_03
24
(Sun)23:58

梅終わり桜咲く前の京都旅。

日帰り京都でした!
六道珍皇寺さんの特別公開と、京都文博の北野天満宮展が目当てです。
梅の季節は終わりましたが桜はあまり咲いていなかったので
市内もそこまで混雑はなく動きやすくて助かりました。
たぶん京都の桜の見頃は今週末くらいではないかな。

2019kyoto_17_20190324144545e6b.jpg
夜行バスで京都入りしてSAGANさんで朝ごはん!
このお店のお蔭で京都旅の朝ごはんはいつも充実しています。ありがとうございます。

2019kyoto_18_2019032414454777b.jpg
六道さんへ。
休日の間の平日だったせいか人がほとんどいなくて、ゆっくりお参りできました。

2019kyoto_19.jpg
春先のお庭。

2019kyoto_20.jpg
いただいた限定御朱印。
珍皇寺参詣曼荼羅の図柄を使った金地御朱印と医王殿の紺紙御朱印です。
医王殿は今まで墨書きのみで書き置きになったのは初めてだから
これから若草色や紅葉色が出てくるかもしれないな~こまめにチェックせねば。

六道さんのお参りを終えた後は市バスで移動。涅槃図を公開している真如堂に向かいます。
バス停で降りて「真如堂こっち」的な矢印をたどっていきますと。
2019kyoto_21.jpg
おおっ、登り坂だ。
京都もこの辺りにくると坂が増えますよな。

以下、写真が多いのでたたんであります↓クリックで開きますのでどうぞ☆

梅終わり桜咲く前の京都旅。 の続きを読む »

2019_03
20
(Wed)23:55

第2043回「あなたにとっての3月とは?」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の栄です
今日のテーマは「あなたにとっての3月とは?」です
いよいよ2018年度も今月で終了しますが、どんな1年でしたか...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたにとっての3月とは?」


・桃の節句
・梅見
・桜前線
・ホワイトデー
・アクアマリン
・三寒四温
・春の彼岸
・春一番
・春雷
・春キャベツ
・朧月
・鶯
・東大寺二月堂修二会
・涅槃図公開
・国際女性デー
・国連女性の地位委員会(CSW)
・イースター
・春休み
・送別会
・辞令交付
・年度末大量発注&納品
・タイヤ交換
・春眠暁を覚えず
・ライオンのようにやって来て子羊のように去る
・タカトラくんとギンくんジョウくんの誕生日のある月

最後のはご愛敬^^
ちなみに家族に聞いたら「通知表」「確定申告」「年度末決算」「東京大空襲」「花粉症」という答えが返ってきました。
人それぞれです。


cake.jpg
職場の送別会でのデザート。
さくら味のババロアにフルーツが添えられてかわいかった☆
お皿にはチョコレートとシロップで桜の花が表現されていました。
今年はやたら異動する人が多くて次年度が思いやられます。だがしかしスイーツはおいしい。


そういえば古今和歌集で季節の変わり目っぽい箇所をみつけたのでご紹介します。

「散りぬとも香をだに残せ梅の花 恋しき時の思ひ出にせむ」読人不知
(古今和歌集春歌・四八番)

古今集では梅の歌はここまでで、次の歌からは桜の歌に変わります。

「今年より春しりそむる桜花 ちるといふことは習はざらなん」紀貫之
(古今和歌集春歌・四九番)

歌集で感じる季節。
古今集は歌の並びが新年から暮れに至るように工夫されていて、
花の歌とかもただ並べるだけではなく芽吹いて蕾ができて咲いて散るところまで
細かく配慮されていたりします。
古今集を読むと一年間の季節の流れが感じ取れるような気がする。

そういえば3月を弥生というのは木草弥生月という言葉が詰まったという説があるらしいですが
これの出典はどこなんだろう。


シンカリオン62話感想は追記です。↓4話からすでに張られていた伏線の話だった。

第2043回「あなたにとっての3月とは?」 の続きを読む »

2019_03
16
(Sat)23:57

線路は続くよどこまでもその2。

やっと、やっと、大宮の鉄道博物館に行ってきました☆
今月のてっぱくは春の感謝祭ということで色んなイベントが開催されていて「楽しそう」と思ったのと、
博物館のエントランスにいたシンカリオンE5が今月いっぱいで任務を終えてさようならすると聞いて
大慌てで会いに行ったのでした。
去年の11月には名古屋のリ鉄、今年の1月には京都てっぱくに行ったばかりだというのに
この短期間でこんなに鉄道系の博物館を回ることになるとは…
シンカリオンというきっかけがなければ行かなかったと思うので感謝です。シンカリオンは本当にすごい。

その前に。
stamp1.jpg
JR川越駅改札の手前で700ひかりレールスターくんをふと見かけて
「そうだ今シンカリオンスタンプラリーをやってるんだった」と思い出しまして。
JR東日本が新幹線や武蔵野線、宇都宮線などの駅にスタンプを置いて
制覇すると抽選で景品が当たるというものです。
範囲が広すぎて全部は回り切れないので、
てっぱくまでの道のりにあるスタンプだけ記念に押していくことにしました。

stamp2.jpg
大宮駅に到着。
みどりの窓口前にE7かがやきのスタンプがあって、ツラヌキくんが迎えてくれました。

oteppaku_1.jpg
南改札(埼京線・新幹線側)を出てすぐ目の前がニューシャトル線へ向かう通路になっています。
いっくぜ~!

oteppaku_2.jpg
ニューシャトルに乗って鉄道博物館駅に到着☆
初めて乗って気づいたんですけど東北新幹線の線路沿いを走って行くんですね!
運が良ければ新幹線と並走するタイミングがあるかもしれない。

oteppaku_3.jpg
駅から博物館へは地下直結のプロムナードがあります。雨の日でも濡れずに行けるね。

oteppaku_4.jpg
地面に新幹線の時刻表が書いてありました。
写真は東北新幹線です。山形新幹線や秋田新幹線も書いてあるよ。

oteppaku_5.jpg
プロムナードには車両がいくつか展示されていて撮影ができます。
写真は1972年まで活躍したD51蒸気機関車。

oteppaku_6.jpg
上を見上げるとカラフルな鉄柵が張り巡らされています。
新幹線のダイヤグラムをイメージした装飾だそうです。

oteppaku_7.jpg
ふ~やっと入口に到着。。
でもここで思い出したことがあって立ち止まってしまいました。
なぜならここはアニメ18話でツラヌキくんがリュウジさんに声をかけた場所だから!!!
「おまえも母の日のプレゼント買いに行くか?」「母の日か…一緒に行こう、案内してくれ」くっは~~(*´Д`*)☆
(すいません今回の記事ずっとこんなテンションです)

以下、写真が多いのでたたんであります↓クリックで開きますのでどうぞ。

線路は続くよどこまでもその2。 の続きを読む »

2019_03
12
(Tue)23:53

お菓子なお買い物。

先週の話になりますが、日本橋三越の全国銘菓展に行ってきました☆
節分にお買い物できなかったストレスのせいかいつになく買いまくってしまった(^皿^)。
見た目も楽しくて味も楽しめる和菓子は目と口と心の保養です…和菓子マジで一生愛す。

今年の銘菓展のテーマは「恋」だそうで、恋愛や心にちなんだお菓子がたくさんありました。
2019meika1.jpg
龜屋「虹」。中味はやさしい味の桜あんで、添えられたハートもかわいいです。
愛の形はレインボー。

2019meika2.jpg
廣榮堂「フランボワーズな恋」。
フランボワーズ羊羹の中味はフランボワーズあんという、フランボワーズ尽くしなお菓子でした☆
帰宅して包装紙を開けたらきびだんごが一緒に入っていてびっくりしてしまった、気づかなかったー!
素敵なおまけをありがとうございました٩( ᐛ )و

2019meika3.jpg
鶴屋吉信「愛のことづて」。
白あんにピーチピューレを入れた桃あんを外郎生地で包んだラブレターです。甘~い。

2019meika4.jpg
榮太樓總本鋪「乙女の恋心」。
苺あんをハート模様の錦玉ベールで包んだ、甘酸っぱいお菓子でした。

2019meika5.jpg
両口屋是清「心ときめき」。
水色と白のこなし生地の中味はこしあん、上に乗せられた5色の煉薯蕷と金箔がきれいです。
お菓子で花束作れちゃうんだ!こんな花束ならいつでも大歓迎です。

2019meika6.jpg
乃し梅本舗佐藤屋「恋ノ花」。
桃色と水色の練り切りの上にダイヤモンドカットの錦玉が乗っていて
角度を変えて見ると色がピンクになったり水色になったりします。お菓子のダイヤいただきました!
錦玉ってそんなに固いわけじゃないけどこれどうやってカットしてるんだろうな…職人技ですな。

2019meika8.jpg
鎌倉豊島堂「あなたへ」。
昔の恋文のイメージということで巻物の形のお菓子だそうです。
練り切りの紐がふるりと緩み、外郎に包まれた桃あんが顔をのぞかせています。雅なお菓子!

2019meika7.jpg
一六本舗「桃の花-願ひ-」。
桃をイメージした薯蕷饅頭で、上にちょこんと乗った花もきれい。
中には瀬戸内レモン味のあんが入っていて甘酸っぱかったです。
よく見ると左下にほんのり黄緑があるんだよね!もうすぐ緑あふれる春ですねえ。


目にも舌にもよいお買い物を楽しんだ後は、特に目的もなかったので東京駅までふらふらと歩いてきて
「そういえば地下にTBSショップがあるんじゃなかったか」と思い出し、
一番街のキャラクターストリートをずんずん歩いていきましたらば。
tbsshop.jpg
お店番がリュウジさんでした!(☆o☆)
うおおおおおお感謝祭でお会いした道着姿のリュウジさん再び!!うおおおおおお(゚Д゚;≡;゚Д゚)
あまりに凛々しいお顔にお店の前で叫びそうになって立ち尽くしました…あれは言葉のない対話…!(頭パーン)
だいぶ前にお店のツイートでお店番してるっていうのは知ってたんですけど
日にち経ってるしもう交代しちゃったかなと思っていたのでまさか会えるとは思いませんでした、
お店の人本当にありがとうございました。しあわせ。
(ちなみに今週からはツラヌキくんがお店番だそうです)


そういえば。
uenosta.jpg
先日の奇想の系譜展の帰りに意味もなく撮影した上野駅公園口。
かつてのセイリュウくんの住まいで、アズサちゃんの買い物拠点で、ハヤトくんの憩いのベルが鳴る場所。
11年前にホクトさんがここにお勤めだったこともわかったのでつい…ね。

あと田端駅で山手線から京浜東北線の快速に乗り換えるとき、
電車待ちのホームでぼんやり空を見上げたら駅の屋根の上にもうひとつ線路があって
かがやきがスーー……っと通過していったのが見えて「えっ?????(゚Д゚)」って5度見くらいしました。
田端駅で新幹線見られるんだ…!上野が近いからそりゃそうか。そうか。。


というわけで、シンカリオン61話感想は追記です。↓

お菓子なお買い物。 の続きを読む »

»