ゆさな日々

猫・本・歴史・アートなど、その日見たもの考えたことをそこはかとなく書きつくります。つれづれに絵や写真もあり。

Category [歴史 ] 記事一覧

少しのことにも先達はあらまほしき事なり。

東博の「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝」に行ってきました。そんなに混んでないと聞いていて2時間で足りるかなあと思ったら結構混雑していたし(たぶんみんなこの日から展示される葛井寺の千手観音像を見に来たんだよな…わたしもだ)、書に絵巻に仏画に宸翰、そして仏像の群れというラインナップで3時間でも足りなかった。。写真はラウンジに展示されていた御室流のいけばなです。毎週変わるらしいよ!綺麗。...

福は内鬼も内その2。

節分ですね!!というわけで鬼鎮神社に行ってきました。過去記事にちらっと節分祭の様子を書きましたけども、最近は足が遠のいてしまってたけど久し振りに行きたくなりまして。鬼を追い出さないお祭が好きなので選択肢は限られているのですが(氷川神社とか)そのひとつが県内に存在するのがとてもうれしいです^^朝からバタバタしていたせいで出かけるのが遅くなってしまって、神社に着いたときには写真のように境内が人だらけで...

文化の祭典その2。

東京国際フォーラムのJ-CULTURE FESTに行ってきました。去年に引き続き入場料無料で開催されていたお正月イベントです。写真はイベント会場で販売されていた、鎌倉にある手毬さんの和菓子だよ~☆戌年のワンコにリンゴに水引のついた菊、それぞれとってもかわいい!今年もEホールのロビーギャラリーは京都の井筒さんによる力の入った展示がたくさんあって「宮廷文化・今昔物語」として内容も数もパワーアップしておりまして去年も思...

招き猫のお寺。

先月、世田谷の豪徳寺に行ってきました。招き猫のお寺として有名なので知ってはいて、ずっと行きそびれていたのですがリンともの橘右近大夫さんが記事に書いていらっしゃったので「うおお行きてえ!」と触発されまして。あと、先日から世田谷線で走っている招き猫電車にも乗ってみたかったし^^小田急線豪徳寺駅の改札を出たら早速招き猫が!豪徳寺駅から徒歩1分、山下駅のホームへ。青や緑の電車が何本か通り過ぎていくのを見送...

海上400マイル。

活版工房丹さんの立体カード「遣唐使船」が届きました!先日、ことのまあかりさんのツイートを見て「ここここれは何としても我が家にお迎えせねば!!」と気が狂いそうな思いをしていたのですが有難いことに早々に通販を始めてくださったので光の速さで注文しました。玄関のポストに届いているのを見つけたときは「来たっ」て声出ちゃったし封筒を切るときもドキドキわくわくしながら手がめっちゃ震えたけど無事に取り出すことに成...

夏の地獄めぐり。

三井記念美術館で開催中の「地獄絵ワンダーランド」展に行ってきました。地獄と極楽を描いた絵巻、掛軸、版本、彫刻などから日本の死生観・来世観をたどる展覧会です。灼熱のビル街から自動ドアで涼しい館内に入ったというのに水木しげる御大の釜茹で絵に迎えられるというなかなかロックな趣向です。嫌いじゃない。先日、奈良博の源信展に行きましたけど関東でも地獄絵が見られるということで楽しみにしていてサイトでチケット情報...

ミュージアム・ヒストリー。

科博の「大英自然史博物館展」に行ってきました☆始祖鳥を始めとする約8000点ともいわれる同館のコレクションから選りすぐりの180点が世界中を巡回しています。意外ですが同館に関するまとまった展覧会は今回が初めてなのだそうで…大英博物館の展示は割と行われてるイメージあるけども。スタッフさんからの「フラッシュを焚かなければ撮影OKです」との案内に僥倖を覚えてデジカメを手にワクワクしながら展示室に入ります。まずは...

平安の正倉院。

東博にて「春日大社 千年の至宝」展を見てきました。大社の創建から歴史、古文書、本地仏、奉納された神宝や武具、芸能、式年造替まであらゆる視点から春日大社を紹介する展覧会です。金地螺鈿毛抜形太刀が見たくて行ったのですが、他の武器も結構かっこよかったり春日権現験記絵が予想以上におもしろくてわーいたーのしー!ってテンション上がって結局2時間近く滞在してしまった。割と混んでいたのでお互いに譲り合いながらの鑑...

祓いたまえ清めたまえ。

川越八幡宮(川越八幡神社)に厄払いに行ってきました。友人が年明けに何やら災難があったらしく「お祓い行きたい!」というお誘いがあったので。川越には何度も来ていますが、この八幡宮に来たのは初めてで駅から徒歩5分というのも初めて知りました。近いなー!入口の鳥居の参道には朱塗りの燈籠がズラリと並んで美しい。社務所で御祈祷の受付をすませてから神社にお参り。川越八幡宮は1030年、甲斐守だった源頼信が長元の乱の必...

文化の祭典。

東京国際フォーラムのお正月イベント「J-CUlTURE FEST」に行ってきました☆フォーラム会館20周年記念事業で全国各地から工芸や芸能や演芸、食べ物まで集めたイベントが行われると聞いて(しかも入場は無料だ!)楽しそうだな~と思ったので。実際行ったら想像以上にエキサイティング、門松と鳥居が迎えてくれるしお雑煮食べられるし羽根つきなどのお正月遊びスペースもあってもしお正月をテーマパークにしたらこんな感じになるだ...

文字逍遥。

東京富士美術館「漢字三千年-漢字の歴史と美」展に行ってきました。甲骨文字から楷書までの漢字の歴史が学べるし、紙や盃や剣に瓦に至るまで様々な文字の形と出土品美術品が鑑賞できます。キャプションは作品の横に「草書体」「行書体」などフォントの種類が紹介してあってそういうのも初めてなのでおもしろかったです。ちなみに写真手前の白抜きになってる「漢字三千年」は篆書体だそう。入口からしてとても胸熱。篆書の門をくぐ...

狼たちの山。

先月末に友達と3人で三峯神社へ行ってきました。ずっと行こう行こうと言ってて、でも約束した日が雨になることが多くて延期に延期が重なってようやく曇りの日に念願叶いました。神社は秩父三峰山の標高1102mという山奥にあるため車は諦めまして(3人とも山道の運転は苦手)、電車とバスの計画立てたら朝めっちゃ早起きする羽目になった。。ローカル線は萌えの塊ですが本数少ないから時間厳守しないと詰むよね(^v^)何とかなった...

Hell-アンダーグラウンド-の世界。

国立公文書館で開催中の「ようこそ地獄、たのしい地獄」展に行ってきました。平安時代~江戸時代の古典籍から日本史における地獄観や死生観の変遷をたどる展覧会です。「地獄ってだいたいこういうイメージだよね」というオーソドックスなものから「こんな地獄もありだよね」的な自由なものまであって楽しかった。あとポスターも展示もやたら河鍋暁斎押してた(笑)改めていっぱい描いてたんだなあとしみじみ。妖怪退治伝展のとき以来...

夏越の祓。

台東区下谷の小野照崎神社へ夏越の祓に行ってきました。毎年6月30日(大祓)・7月1日(富士山の開山日)の2日間だけ解放される境内の富士塚に前から一度登ってみたかったので。照崎は小野篁が陸奥守時代に住んだ地と伝えられ、後に主祭神として奉斎され神社となりましてさらに菅原道真も相殿に祀られているので(江戸二十五天神のひとつで通称渡江天神)、学問のご利益があるそうです。また俳優の渥美清さんがかつてお参りしたと...

秋に動く山。

川越まつりに行ってきました!山車にお囃子に出店もたくさんあって賑やかだった~。去年は夜のお祭りを楽しんだので、今年はお昼に行きまして時間もたっぷりあったので去年より山車もお祭も楽しめてよかったです。川越まつりは1648年に当時の川越藩主だった松平信綱が川越氷川神社にお神輿を寄進し祭礼を奨励したところ、華麗な山車や氏子が町内を巡行するようになり町衆も楽しむようになったのが始まりです。江戸400年の祭だぜ...

よい按配その2。

とらや赤坂本店の「虎屋文庫のお菓子な展示77」に行ってきました。お菓子の資料室・虎屋文庫(1948年に開館)がとらや本社ビル建替えのために3年間休室することになったそうで、これまでに開催された77回の展覧会を年代順にダイジェストで紹介してくれています。創業時の記録に注文用カタログに商売道具、パッケージ、ポスター、映像資料ほか展示されているお菓子は職人さんが実際に再現された本物なのです!しかも入場料無料...

第1882回「歴史上で好きな人物は誰?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当河本です今日のテーマは「歴史上で好きな人物は誰?」です。皆さん、歴史は好きですか?私は授業を聞くのは好きでしたが、テストはかなり苦手でした。笑とにかく人の名前を覚えるのが苦手で、地理的感覚もなく歴史はもちろん、社会系のテストは残念な結果が多かったですそんな私がすぐ覚えたのは、源義経です源義経がチンギス・ハンという説があるというのを授業で教えてもらって......

琳派のおはなし。

アルス画房さんのイラストコンペが終了いたしました~。見てくださった方、応援してくださった方、どうもありがとうございました☆そして、本日から俵屋宗達ほか琳派の人々を中心とした「風神雷神図屏風Rinne(りんね)」の連載を始めます☆予告してからかなり時間が経ってしまいました、お恥ずかしい。そんなわけでまず登場人物紹介です。※クリックで大きくなります琳派と呼ばれる人々。江戸時代初期の京都で俵屋宗達&本阿弥光悦が...

神の見ているもの。

前回記事で古今和歌集の七夕歌を紹介しましたが、実はあの後、ものすごく久し振りに『土佐日記』を読み返しました。土佐守の任期を終えた紀貫之が、土佐から都へ帰還するまでの約50日間を仮名文字でつづった日記です。大学時代にがむしゃらに読んでそれっきりだったのですが、ひさびさに読んだらあれ、こんなに短かったっけと呆気にとられました。手持ちの本で40ページしかなくて、方丈記より少し長いくらいでしょうか。『貫之...

Once upon a time in Japan。

スマホアプリ「旧国名パズル」を教えてもらいました☆江戸時代までの日本国内68カ国のシルエットを下部の選択肢から長押し&スライドさせてそれぞれの場所にはめ込んでいくゲームです。正解すると「ピョッ」的な音(わたしにはそう聞こえる)とともにぴたっとはまるのが面白い。関東近辺や東海、陸奥、近畿あたりは何となく覚えていたもののいざやってみるとこれがなかなか難しいもので、国名は知ってるけど場所がわからなかった...

ご案内

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ゆさ

Author:ゆさ
飼い猫に熱烈な愛をそそぐ本の蟲
歴史やアートも溺愛中
*twitterにも出没なう。→こちら

にゃんこたちの紹介文です↓
ぽちっとクリックしてご覧ニャされ。

初めての方はブログご案内をどうぞ。
当ブログはリンクフリーです(宗教、アダルトサイトは×)。
文章や画像の加工、無断転載は禁止。
版権元の企業や団体とは一切関係ありません。

All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.
This blog is written only in Japanese.



にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


☆気が向いたらクリックお願いします


FC2カウンター

キリ番踏んだ方、報告いただければイラストのリクエストを受け付けます☆詳細はブログご案内をどうぞ。

「小倉百人一首」

問い合わせ先

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

右サイドメニュー