*All archives* |  *Admin*

≪10  2009/11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  12≫
2009-11-29(Sun)

かわいいんだよ。

ヒゲぴよ』にハマりました(笑)。

かわいいだけのヒヨコじゃない、常識を越えたウルトラヒヨコ!(←サイトの紹介文まんま)

縁日でヒロシくん一家に買われて、そのビジュアルからヒゲぴよと名付けられたヒヨコが
日々騒動を巻き起こす5分間アニメです。
友達に教えてもらって動画を見たのですが、1話からすでに大爆笑。
登場シーンから大吟醸を愛飲するヒヨコです!NHKなのにスゴイ!!(笑)
何しろヒゲが強烈。口(くちばし?)のまわりにオヤジヒゲがぐるっと生えてるのですよ。
第一印象は「かっ……かわいくねえ(爆)」でしたが
見続けるうちにどんどんかわいく見えてくるから不思議です。
カレーをおかわりしてもヒヨコですから!(by加藤さん

まだ数話しか見てないのですが、
ダンボールを使ってお部屋を作ったり、銭湯のおばちゃんに気に入られたり
泥棒を肉まん(!)で説得したりと、だんだんなじんできている模様。
今後もますますヒートアップしそう。

パソコンのデスクトップをヒゲぴよのアップ(真っ黄色)にしたら
母が覗き込んできて「何これ?かわいくない」。
「違うんだよ、かわいいんだよ!」と力説して動画を見せたら
一転「かわいく見えてきた。続きないの?」。やった。

バイトから帰ってきた妹がデスクトップを見て
「うわ何これ、かわいくないところがかわいい!」(
数分後に彼女のマッキュンDTもヒゲぴよになりました。
ん、これって布教?(笑)







久々のありえないくらいシリーズその8。7はこちら
おコタですやすや~の母にゃんこ。
スポンサーサイト

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

2009-11-28(Sat)

坂の上にたなびく一筋の雲。

『坂の上の雲』の主題歌「Stand Alone」を歌うサラ・ブライトマンの歌声に
早くも癒されています。
『アマルフィ』も歌ってたよね。めちゃくちゃ綺麗です。ご本人も歌も。

ドラマも楽しみです~。
題字は司馬さんなんですね。かわいい字書く人だったんだ(笑)。
何だか豪華な俳優陣だなぁ…。阿部ちゃんカッコイイなぁ…。

香川さんas子規を心待ちに。
香川さんは仕草や表情の動きひとつひとつを丁寧に演じられる方で
まさに「役を生きる」役者さんだなぁと思います。
今回はおそろしいほど減量したそうで、生々しい子規になりそうですね。





描き描き描き描き描き。

何故かシリーズ化。
世界でそれなりに有名な童話の女の子たちを次々に和風に。
眠り姫は糸車も茨も力量不足で描けなかったので(泣)バラの花を散らしました。
赤ずきんが一番描いていて楽しかった。

theme : ドラマ
genre : テレビ・ラジオ

2009-11-27(Fri)

読み終わったら1時間経過していたってどういうこと。

最近マンガを全然立ち読みしてなかったことに気が付き慌てて本屋へ。

『Pandorahearts』
レイムさーん!レイムさんあなたいい人だー!!(バンバンバン!!!←机叩)
何てかわいいんだこの人。生きるの上手そうなくせにこういう場面は苦手なのね。
そしてドードーが出ました。ルー君…あなたって人は。
『結界師』
お母さんが帰ってきました。この家の親子関係、複雑だろうなと思ってたけど
やっぱり複雑だった。今後はお母さんの深層を細かく描いて欲しいです。
『夏目友人帳』
いつになく深刻な展開です。ゲストキャラがかわいすぎる!!
先生の出番が少ないとかくも物足りないとは何事でしょう。
『桜蘭ホスト部』
…これは、希望的展開と思っていいんだよね?みんなで頑張るってことだよね??
『青春攻略本』
あきづき先生は若者の微妙な表情や感情を描くのがものすごく上手いです。。。
サイン会は行けないけど(名古屋は遠いヨ!泣)12月のコミックス待ってますよ!
『ガラスの仮面』
紫織さんが…どんどん恐ろしい人に…!(ヒーッはさみはやめれ)
亜弓お姉様はどんどんすさんでいってる…!!!
『星は歌う』
お休みでした。残念。
『戦国ストレイズ』
のわー1ヶ月見逃してた!新刊コミックスと今月号の間の話が気になります…。
付録ブックカバーに女装した信長がいました。さすが殿。美しいです。

あ、漆原友紀の新作読み忘れた!!


ついでに。

おとといの『こばと。』をyoutubeで見たら神谷さんが出ていた。
夏っちゃん以来だったから何か懐かしかった。しかも名前「タカシ」だし!
神谷さんのしゃべり方って艶があるから好き。
昨日の『空中ブランコ』爆笑だったんですけど!類友ですね。

theme : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
genre : アニメ・コミック

2009-11-24(Tue)

泳げ波けたて。走れ土をけり。

『未来少年コナン』のDVDボックスを買ってだだーっと一気に観て
コナンの素直さにじーんときて少しショックだったゆさですこんばんわ。

去年『赤毛のアン』のDVDメモリアルボックスを買って観たときも
アンはすごいと思ってこんな風に生きようと思ってたのに、
コナンでウルウルするなんて予定外です。どういうことだ。
もう少し素直だと思ってたんだけどな自分。

しかしこの話はみんなよく走りますね。
最初からコナンが走って跳んで泳いで転がって、
ラナもだんだん走る姿が様になっていくし、
3話でコナンとジムシィがかけっこするのも気持ちいい。
メカも船もよく飛ぶし。
宮崎さんが「この話ではやりたいことを全部やった」っておっしゃってるのも
うなずけます。
ラストの結婚式は再放送で観てた時も「エエ~~ッ!」と思ったものですが
やっぱり今回も思いました。笑える。

次は『ハイジ』を観よう。

ハイジが山に帰るくだりと、クララが立つあたりでますますショック受けそう。。。



作詞家の丘灯至夫氏のご冥福をお祈りします。
あなたのお陰で「猫ふんじゃった」は愉快な歌になりました。

theme : アニメ
genre : 映画

2009-11-21(Sat)

薫る中将、匂ふ兵部卿、巣守の三位。

実践女子大学の「源氏物語の古筆切」シンポジウムに行って参りました。
大学の先生や研究員さんお話聴くの久しぶりで緊張した~。
でも講義ってこんな感じだったなぁとか思い出して懐かしくなりました。

そもそも古筆切とは、みたいな説明が最初にあってから
時代ごとに古筆切というものがどう変化しているかとか
最近、巣守「ではあるまいか」(←講師の先生がおっしゃってたけどここポイント)と発表された
対の古筆切の紹介とその根拠と、
思いっきり私的な古筆切との付き合い方、みたいなオハナシとでもうお腹いっぱいだよ!
古筆切が流行りだしたのは室町後期からで
床の間に著名人の書を飾るのが当時の流行りだったみたいですね。
わざわざ鑑定書までつけて(折り紙つきの語源ですね)商売する人もいたとか。
気持ちはわかるけど、何も切らなくても良かったじゃん…と
物語びいきのわたしとしては思ってしまいました。。
物語の社会的地位が低かった時代にはありふれたことだったのかもしれませんが…。
現在でも、あまり流行っていないものも時代が下れば貴重になりますので
物は大事にしようと思いました。

物語に限らず、古典は書き写すことで伝えられてきたわけだけど
日本の人って結構いい加減なもので、
平仮名を漢字にしたり(その逆もあった)、ちょこちょこっと助詞や助動詞や言い回しを変えたり
何だかずいぶん好きなように手を入れて書き写していた模様。
そうだね、藤原定家の写し方とか見ると「オイコラ」とか手招きしたくなるもんね^^;
現代に伝わっている古典を「やれありがたや」とか拝んでみても
本当に当時のままの物が残っているわけではないけど、
それでもそれぞれの写本がどの時代にどう存在してどう受け止められていたかを考えることが
大切なのだなあ。
「系統や価値を決めるのは後世の人々です」って講師の先生もおっしゃっていたし。

「巣守」の断片かもしれない物語については
内容を読んでみて、現在の研究でわかっている巣守のあらすじと一致する部分が
わりとあるためにそう発表したとのこと。
間違えちゃいけないのが、優良運転の心構えと同じであくまで「かもしれない」ということですね。
「ぼくは断定したつもりはなかったんだけど、マスコミに大々的に取り上げられちゃった」と
先生もかなり戸惑ったとのことでした。
研究って常に断定と臆断の隣り合わせですよね…。
他のツレをお持ちの方はぜひ発表して欲しいですとのお言葉を聞いてそう思いました。
今後、パズルのピースをつなげるみたいに巣守がポロポロ発見されれば
薫が相手を見つける話が完成するかもしれない!!

質疑応答でもハイレベルな質問が飛び交って、先生方も四苦八苦のご様子でした^^;
発表された巣守と同じ筆跡の源氏写本はないのかとか(未確認だそうです)、
古筆切は大島や河内のような系統はないのかとか(筆跡で分類することはあるそうです)。
「鑑定は勘ピューターで」との回答に爆笑。そりゃそうだ。

香雪記念館の展示を見たかったけど閉まっていたので、外に出たらもう真っ暗。
校舎のイルミネーションが綺麗でした。写真撮ってくれば良かった。



200911212228000.jpg
描き描き描き描き。
年賀状制作は順調に遅れています。

4人描いた時点で一人も口を開けてないと気づき、慌てて手前の子にお雑煮を食べてもらったという。

theme : 日本文化
genre : 学問・文化・芸術

2009-11-20(Fri)

世の中は夢の渡りの浮き橋か。

明日は実践女子大学のシンポジウムに行ってきます。
『源氏物語』の古筆切が紹介されるんですよ~(^▽^)ノ☆
紫が書いたかどうかは不明だけど(内容的に明らかに彼女が書いたものではないとわたしは思う)
書き足した人の、書き足したかった気持ちはすごくよくわかります…。
同人誌作る気分ですね。その作品への愛情が並ではないために、
登場人物がその後どうなったか知りたくて書いてしまう感じ。
それがまた楽しいんですよね~。

前に日本女子大学で源氏の音楽イベントがあって
(「若菜下」で女性陣が琴を奏でる場面がありますが、あの再現のような)
あれもなかなか良かったのですが、
今回は純粋に研究者たちの文学トークがたっぷり聴ける!わーいわーい!!



『ラピュタ』見てます『ラピュタ』ですよ!シ~タ~~~~~!!(笑)
中盤のテディス要塞編が好きで好きで。
愚直なロボットと対照的に野心たっぷりの人々。
今見ても現代的にイタいってどういうことだ。普遍的なんでしょう、このテーマ。

シータが飛行船の台所をキラピカーンにするあたりも好き。
大改造劇的ビフォーアフター。

『未来少年コナン』もそうだけど、ボーイ・ミーツ・ガールはよいですな。

theme : 日本文化
genre : 学問・文化・芸術

2009-11-18(Wed)

貯める年代記。

CLAMPの『ツバサ』の最終巻が出ましたね~。
6年もやってたんだ。
よし、折り返し点からもう1回読み返そう。

最初ものすごくマガジン的展開で、「どうしたんだCLAMP」とビックリしていたのですが
黒たんの過去編で「あ~CLAMPだ」と思ったわ。。。
あのあたりから急にXじみてきたんですよね。線も変わったし。
うぅ、1作終わったことだし早く『X』を再開してください。

『Holic』と同時連載しながらリンクして話がすすむのも面白かった。
前にこの件について七瀬ちゃんが、
「昔『花とゆめ』の中で『ガラスの仮面』の速水真澄と
『スケバン刑事』の神恭一郎が電話で会話しているシーンがあったんです。
どっちか一方だけだと単なる電話シーンなんだけど、
それぞれのマンガを読むとちゃんと会話として成り立っているんです。
マンガってこういうこともできるんだと思った」というのがきっかけだそうで。

やるじゃん、白泉社(笑)。

ヤンマガとマガジンもね。

とりあえず来年発売予定の『Holic』DVD付き初回版は買うぞ~。

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

2009-11-16(Mon)

ジブリだらけ。

テレビつけてたら、三井住友CMのウリボーがかわいくて部屋中を転げ回りましたよ…。
というわけでパソコンのデスクトップをウリボーの画像にして、
立ち上げるたびに「リボ?」とつぶやいていますこんばんは。


久石さんの娘の麻衣さんが『ウルルの森の物語』主題歌でメジャーデビューすると聞いて
「えっデビューまだだったの?」とビックリ(笑)。
ボーカリストとしてとっくにご活躍されているとばかり…(^ ^;)。
『ウルル~』は映画の音楽も久石さんなんですね。
親子で合作だ。すてきだ。
この調子でジブリの新作主題歌も歌ってしまうといいよ!

ジブリの新作発表ももうすぐですね。
鈴木さん曰く「ほにゃほにゃっとした感じ」だとか。何じゃそりゃ。
ポニョの次はホニャですか。
監督は新人さんらしいのですがどなたかしら。ジブリの新しい芽かな?
吾朗さんの『定家と長明』はまだですか。そうですか。

ジブ美の新作は1月から上映だそうで、
まだ崖の上のポニョ展も見てないので一緒に堪能したい。。。
カフェのメニューも新作があるんですよ。食べたいよ~うよぅよぅ。
今週の金ロは久しぶりに『ラピュタ』ですね。
そして『二ノ国』も待ち遠しい!
DS買おうかな。生涯に一度くらいは自分のおこづかいでゲーム機を買ってみるのも
いいかもしんない。


『龍馬伝』の公式サイトで香川さんが山のような鳥かごを背負っている写真に
「ハウルの動く城かぁ!!」と突っ込まれているのを見て一人で笑っております。。。

theme : アニメ
genre : 映画

2009-11-15(Sun)

ああ文化その2。

200911151254000.jpg
というわけで行ってきました2期目。
混雑ぶりが前回の比じゃなかった。まるで芋洗いか押しくらまんじゅうのようです。
お、落ち着いて鑑賞なんて夢のまた夢だった…(滝汗)。

正倉院宝物、久しぶりの東京公開ですね~。
螺鈿紫檀阮咸がヤバかった。螺鈿の使い方がハンパじゃない。どんだけの仕事量ですか。
あれ美しすぎる。世界遺産級です。
瑠璃の刀子が澄んだ青緑色でキラキラしていた。
紺玉帯…今のベルトと全然変わらないです。
帯の金具(留め具?)って、1400年以上前に形ができてるんですね。
聖徳太子像も確かにこの帯を締めていらっしゃる。間違いないわ。
黄金瑠璃鈿背十二稜鏡が上からライトに照らされててすっっっっっごく美しかった!!!

小野道風の『玉泉帖』の後で藤原佐理の「恩命帖」を見ると
うわ何て達筆な字だと思ってしまいますね(笑)。佐理ったら自由すぎ。
道風の字は太くて素直で実直。きっと一途に真面目に頑張る人だったんでしょう。
ふたりを足して2で割ると藤原行成になるのかしら。(失礼!)
いちばん見やすかったですね、行成の字が。
あ、でも紀貫之の字もすごく綺麗だった!
古筆って人物の人柄が出るから面白いです。

お香箱と香道具のひと揃いに泣くかと思いました。これ完璧すぎです。
たぶん婚礼道具とのこと。全部金箔入りですよ。贅沢~。
狩野常信の糸桜図屏風は四角くくりぬいた部分に簾がかかっていて、
その簾にも桜が描かれてます。こんなの見たことない。綺麗だ……!!

ロイヤルですね。すべてが歴史のかけらですよ。楽しかった~vvv

帰りに山○線で明治チョコレートのラッピング電車を見ました。
あの色、強烈ですね。



今日は龍馬さんが誕生して亡くなった日ですね~。
生誕174年ですって。あんまり前の人でもないんだな(^ ^;)。
『仁』で内野さんを見ながら龍馬の命日に龍馬見てるよ~とか
考える今夜この頃であります。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2009-11-13(Fri)

雨もぽつぽつ、日記もぽつぽつ。

今日も雨ふり~。
にゃんこ共が、びしょ濡れ&泥だらけで続々と帰宅してきました。
タオルで順番に体を拭いてあげるのですが、
今度は終わったにゃんこ共が「ごはん~!ごはん~!!」とねだる始末。
うおぉい、わたしという体はひとつしかないんですよ。。。


夕方に友達のところに用があって行ったら
彼女のところも洗濯物が乾かなくて部屋干しとのこと。
近いうちに晴れるっぽいからもうちょっと我慢しよう…。
いつの時代も人は天の機嫌に振り回されっぱなしですな。


昨日の『空中ブランコ』。
人間、抑制しすぎるとおっかないねって話。
ラストのラストでマユミちゃんがものすごい笑顔で手を振るのが好き~。


200911142113000.jpg
描き描き描き。

平日の仕事で最早死にそうなのですが、
図録とか京都の雑誌とか眺めてるとムクムク創作欲がわいてくるから不思議です。
わたしは描いているとき、よく描いた子に入れ込んでしまうことがあって
「よくぞ今ここ(紙の上)に来てくれたねぇ」なんて言って
悦に入ったりしてます。。。
だってみんなそれぞれの人生で忙しいはずだもの。
とか想像するのも楽しい。うは~。

右上で巫女さんが座ってるのは車折神社の拝殿の鳥居。模様に萌えた。

theme : なんとなく書きたいこと。。
genre : 日記

2009-11-12(Thu)

オレンジのリボン。

200911121956000.jpg
11月です。選手交代。

専門家は「もっとやわらかい表現を」と、マルトリートメントと言うこともあるようですね。
虐待というと、もう二度と戻れない感じがするので
いいことだと思います。

だって、どうしたらいいかわからないだけなんだものね。
子育てしてなくたって、人間は毎日いっぱいいっぱいです。

でも、暴力は、アカンですよ。

お父さんお母さん、遠慮しないで助けを呼ぼう。子どもさんたち、遠慮しないで走って逃げよう。
それらは自分の権利を守る行動です。


女性教育と同じく絶対に廃止して欲しくない取組みです。聞こえてますか市ヶ谷。
ナショナルセンターを何だと思ってますか。心外でございます。
2009-11-10(Tue)

白い恐怖。

ヒッチコックの特集をBShiでやってました~。
この人大好きです。人間の深層心理の描写が絶妙に上手いです。
観客の恐怖のかきたて方も。
この人の映画を観た後は世界に闇色のフィルターがかかる気がする。
ホラー映画みたいなドロドロしたやつじゃなくて、白く澄んだ闇。
でも人間の体温がビシバシに感じられて、何度も観たくなるのが不思議でした。
似ている雰囲気を持つのが『シックス・センス』かな。

いちばん好きなのは『鳥』ですが、
番組でもいちばん時間が割かれてて感激。
当時の撮影方法や合成技術、現代となってはもはや化石的ですね。
使える人も撮影する機械も少なくなってしまっているそうで。
4秒に2週間ですか…。
アニメーターも3秒のカットに2週間かけたりするけど
劣らずマスクを一枚一枚緻密に作っていく職人の技術の見事さ!
当時は機械やフィルムの質が今の比じゃないぶん、
ヒッチの要求に応えるのはもっと大変だったんだろう。
演出メモの書込み量もハンパじゃなかったし。

他にも『サイコ』や『めまい』のカット効果とか、サスペンスの技法とか、音響効果とか
あらためて見るとなるほどな~と思いました。
数々の映画には当然のごとくヒッチの恐怖体験が反映されているそうで。
特に子どもの頃のが物を言っているみたいですね。
お説教よりもお説教を待つ時間が怖いっていうのは
わたしも覚えがありますけれど。
夜中に一人でミート食べながらお母さんを待っていたっていうのも
何ともいえない経験だな…。
つかそんな時間に散歩に出掛けるお母さんもどうなの。

久しぶりに何か観たくなりました。作品ごとにヒッチを探していた頃が懐かしいな。



森繁久彌氏のご冥福をお祈りいたします。
『もののけ姫』の乙事主のモノマネは当時学校で大流行でしたyo。

theme : 洋画
genre : 映画

2009-11-09(Mon)

歴史とパタパタ。

ベルリンの壁が崩壊してから20年ですってね。

先日の3日で、手塚治虫氏が亡くなられてからも20年ですよ~。

あのときはまだ物心ついて間もなかったので、どちらも全く記憶にないのです。
良かったような、さみしいような。
もし手塚さんがご健在で、たった今亡くなったとしたら号泣どころじゃないと思います。

ベルリンの壁がこわれるのをリアルタイムで意識できなかったのは残念。
今日はドイツで、あのときの壁に見立てたドミノをぶっ倒すイベントがあったそうな。
いいな~いいな~ドミノ。
ドミノ好きです。規則正しくパタパタ倒れていくあの様が何ともいえませんな。
父親の将棋の駒を勝手に使って何度将棋倒ししたことか。
(そして何度怒られたことか)
町中にビデオテープをズラーッと並べて町中でドミノをやったテレビ番組が前にありましたけど
箱根駅伝と同じでどうにも見てしまいますね~。
普通の道路とか、学校とか、走っている電車とか、お店の中を
ドミノがパタパタパタパタ駆け抜けていく様は壮観でした!
またああいう無駄にお金かけた番組やらないかなあ。
2009-11-07(Sat)

自分時間の日。

一日中動画サイトを漁るとかしてうだうだ。。。
『空中ブランコ』『こばと。』はともかく『犬夜叉』を3回も見過ごしていたという不覚さよ。
うっかり、うっかり。(薬売りさん懐かしいゼ!)

たまには家から一歩も出ない日がないとねー。




200911072029000.jpg
描き描き。。。

小学生のときから始めて早幾年。
干支にまったく縁のない絵なのも毎度のことです。
いちばん手前は小野道風と蛙。誰に出そうかな。
2009-11-04(Wed)

どっぷりどっぷり。

昨日の鑑真ドラマを見て、来年は何としても唐招提寺に行く!と決意したゆさですこんばんは。

刷雄as耕史さんかっこええ…。(*´艸`*)
「かっちゃん」…じゃなくて(^_^;)「和上」とか「父上」とか言ってるお姿が
もう激烈にかわいくてかわいくて!!バンバンバン!!!←(机叩)
清麻呂役の永井さんもあのかっこよさは何ですか。
「神託はなかった」と奏上する場面は史実で知ってはいてもドキドキしました!
そうかこの頃、清麻呂は若かったんだ!(何を今さら)
桓武さんと一緒の時代しか意識してなかったかもです…反省。。。
そして智努にスポットが当たったのも個人的に嬉しかったですね。
孝謙さんはもうちょっと複雑にできなかったかなぁー。

早く新しくなった唐招提寺の本堂が見たいよぅ。9年ぶりの公開ですって。

来年の1300年祭準備も、サイトをチェックしてみると着々と進行中の模様ですよ。
最大の目的、大遣唐使展を今か今かと待つ日々であります。
そして復元されるお船はどんだけ大きいのかなぁ…。


奈良の頃って、人々も建造物も世の中も大ざっぱ&エネルギッシュなのでとても好きです。
まだ国がちゃんとしてないから、ハンパなく広く浅い事で悩んでいますよね。
思想の大きさに比例して建物も大きいですし。
建物の中に入ると、文字通り大きなものに包まれているので安心するんですけど、
何もかもが巨大だから精神的に余裕がないと京都に逃げたくなる(笑)。

でも、やっぱり日本に奈良があって良かったと思います。
ほんとのほんとに昔々の物が残っている場所は貴重ですよ。

歴史ってほとんど不確定なのに、時折こうしてどーんと根っこがあるから面白い。

theme : 神社仏閣
genre : 学問・文化・芸術

2009-11-03(Tue)

本の街。

200911031226000.jpg
行ってきました。最終日ギリギリセーフ!
今回で50回だったんですね。

お天気が心配だったけど、晴れて良かった!
山のような本に囲まれて幸せで死ぬかと思いました(笑)。。。
交差点にズラーッと本の市場が並んでるのですよ~。
いやあ人が多かった。最前列まで出るのが大変だった。
普段ならだいたい行くお店が決まってますが、今日は全制覇。
こういうときでもないと出てこない本っていっぱいありますからね。

収穫はぼちぼち。でもずっと探していた本が買えました。やっほい。
帰宅してネット占いで本日の運勢を見たら、「掘り出し物が見つかるかも」でした。
うおぉ当たったよ!!(v ̄∇ ̄)/

来年も行くぞ~。


実践女子大で『源氏物語』のシンポジウムがあるそうで。
最近見つかった巣守の断片が発表されるってニュースでやってました~。
わーい行くよ行くよ。。。

theme : 本に関すること
genre : 本・雑誌

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ゆさ

Author:ゆさ
飼い猫に熱烈な愛をそそぐ本の蟲
歴史やアートも溺愛中
*twitterにも出没なう。→こちら

にゃんこたちの紹介文です↓
ぽちっとクリックしてご覧ニャされ。

初めての方はブログご案内をどうぞ。
当ブログはリンクフリーです(宗教、アダルトサイトは×)。
文章や画像の加工、無断転載は禁止。
版権元の企業や団体とは一切関係ありません。

All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.
This blog is written only in Japanese.



にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


☆気が向いたらクリックお願いします


FC2カウンター
「小倉百人一首」
問い合わせ先
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
応援中
wan_banner_s.gif

最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード