fc2ブログ

魔女の計算に狂いはなかった。

2010.01.11 22:14|絵本・児童書
魔女の宅急便その6 それぞれの旅立ち』をやっと読みました~。

前巻でとんぼさんと結婚したキキが、双子の子どもの子育てに四苦八苦します…(^ ^;)。
お姉ちゃんのニニは口が達者で、いつも調子のいいことばかり言っているけど、
魔女になる決断がなかなかできない。
弟のトトは一見おとなしいけど、情熱は人一倍で、男の子だから魔女になれないのが悔しい。
お母さんのキキは、ニニに魔女になって欲しいけど当人にはなかなか言い出せず、
でもトトの気持ちもわかるのでもやもやしているという。
そんな家族を、お父さんのとんぼさんがおっとり見守りながら話がすすんでいきます。

コキリさんやオソノさん夫婦も元気に出てきます~(^▽^)。
あ、ヤアくんとノノちゃんは結婚しましたよ!
ケケは手紙をくれるだけの登場でしたけど、存在感ありまくりでした。

トトが音楽に目覚めてから、ケケの家をたったひとりで訪ねていくくだりは
「トトがんばれ~!」と応援しながら読んでいました。
列車で大冒険をしてやっと辿りついて、ケケの家がある森で素敵なものを見つけます。
こういう旅ってすごく幸せだと思う…。
魔女になれないことに決着をつけるのはまだ難しいと思うけど、まず一歩前進かなぁ。
物語ラストの、ニニの旅立ちに思うところがあって、自分もやってみようというのがいい。

ニニはニニで人間の友達を羨ましがったり、飛ぶことに見栄張ってみたり
(ほうきで空を飛ぶことはできたものの、なぜか自転車漕ぎしないと方向転換できないし)
自分の中のもやもやを何とかしたいのに空廻ってばかりいます。
魔女になるってなかなか決められないのは、キキからの期待に反発してのことなんだけど
ジジからある事で叱咤されて、懸命にほうきに乗っていきました。
うん、きっと大丈夫だ。
最後の旅立ちのスタイルはすごく彼女らしいな~と思いました。

そして、ジジが!むちゃくちゃかっこよいよジジ!!魔女猫の貫禄!!
「だめ。それはブブの役目だ」って、ちゃんとブブの立場を考えて叱るんですよ。
今回一番かっこいいのは彼かもしんない…。

キキも最後には子どもたちの選んだ道を、しっかり後押ししていきました。
とんぼさんが時々ポロリと漏らす言葉が良かった。教訓でも激励でもない、彼の人生そのもので。

素敵な最終巻でした。「完」の文字を見たときは涙出そうになった。
これほんとにいいシリーズだなぁ~。

あと、ケケとライちゃんのお話待ってます角野先生!
スポンサーサイト



テーマ:児童文学
ジャンル:本・雑誌

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

ゆさ

Author:ゆさ
猫に熱烈な愛をそそぐ本の蟲
歴史やアートも溺愛中
最近は新幹線とシンカリオンも熱い
*twitterにも出没なう。→こちら

初めての方はブログご案内をどうぞ。
当ブログはリンクフリーです(宗教、アダルトサイトは×)。
文章や画像の加工、無断転載は禁止。
版権元の企業や団体とは一切関係ありません。

All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.
This blog is written only in Japanese.



にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


☆気が向いたらクリックお願いします

FC2カウンター

「小倉百人一首」

問い合わせ先

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

応援中

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード