2010-07-31 (Sat)

↑下書きが楽しくてついつい描き込んで、塗るときになって後悔するアホなわたし…orz

ミスドの新作をまだ食べてなかったので買ってみたんですが、おいしい~こちら
りんごが良かった。甘すぎず柔らかすぎず食べやすい感じ。イチゴも甘酸っぱかったなぁ~vvv
あとパイとDポップとオールドファッションをごそっと買って帰りました。

わたしはミスドに行くと必ずオールドファッションを買います。
子どもの頃はエンゼルクリームとかショコラが好きでしたけど、大きくなった今はOF派。
香ばしくてプレーンな味がいいんですなぁ(^-^)。あとサクサクした歯ごたえが好き。
毎回買って食べるくせに全然飽きません。単純な味だからかな。
実際、わたしの周囲にも同じ理由でOF好きって言う人、結構いるし。
逆にチョコやジャムのドーナツは毎回違う味を買ってきますね。
色んな味を食べたいけれど、同じ味を食べ続けようとは思わないのです。何でだろう…。

食べ物の味でも何でもそうですが、シンプルって一種の強みがあると思う。
影絵作家の藤城清治さんがいつぞや「影絵というものはシンプルで、
そこから無限の動きが感じられないとダメ」みたいなことをどこかでおっしゃっていて
「あーわかるー」と思った覚えがありますが。
ほどよい単純さにはアン・シャーリーがよく言う「想像の余地」がありますから
見たり味わったりした人が好きに受け止めて考えたりできるんですよね。
藤城さんの絵も、動物や小人たちがしごく単純化されて描かれていて
しかも影絵ときているから余計にミステリアスに感じられて想像力がかきたてられます。
加えてあのバランスの良さと色彩の美しさ!すばらしいなぁ(*^ ^*)。
見ていて同じようなことを思うのは、せなけいこ氏や滝平二郎氏の切り絵ですな。
あのお方たちの作風もシンプルだけど、色調や画面構成の作り方が絶妙だ。。。

大学時代に読んだカレル・チャペックの著書の中で
「どこもかしこも完璧に説明され尽くした小説を読んだ後は、
お風呂の栓を抜いて水を全部流した後のような心地がする」という内容のことが
書いてあったのを今でも鮮明に覚えていますけど(どの本だったかな…)、
芸術や文学の魅力は空間や行間の余韻だ!と普段から思っている身としては
ものすごくうなずける意見だったりします。
見た人が自由に考えたり、話し合ったりしてくれる絵やお話が書ければなぁ…と
おこがましいですがいつも思うのです。

とか言いつつ、細部まで完璧に作り込まれた芸術や料理には「何じゃこりゃすっげえぇ!」と
しょっちゅうと言っていいほど感動を覚えるのですけれども(^ ^;)。
スポンサーサイト
| 日記 | COM(13) | TB(0) |
2010-07-27 (Tue)
kakatte1.jpg
↑ものすごく久しぶりにありえないくらいシリーズ13。12はこちら
冷房の効いた快適な空間でグッスリ。耳が見えません。つっついても起きません。。
以前に妹がこのポーズを"かかってこいやあ"みたいだと言いましたけど、今日もそんな感じだ。

kakatte2.jpg
↑アップ。幸せいっぱいです。

kakatte3.jpg
↑その隣にいたヒドイ顔(爆笑)。「何であたしを撮らないのよ」と言いたかったらしい(^ ^;)。
息子にやきもちを焼く母の図でした~。。。


makki23.jpg※クリックで大きくなります
遣唐使団第3シリーズ「転」その10。9はこちら
ふと空を見あげたマッキー。長安の空を、ちらりと、何かが横切りました。
真備「玄…」
玄「ん?」
真備「先に、日本に帰ったみたい」
玄「らしいな。あいつ、帰りたがってたからな」

nakamaro2.jpg※クリックで大きくなります
こちらは洛陽の空。仲くん、何かが見えたようです…。

帰りたがっていたまぁくんを放っておけなかった麒麟さん、という図(^ ^;)。
(本来は死者を迎えに来る獣ではありませぬ)
2004年に中国の西安で発見された井真成の墓誌には、
「体は異国に埋葬されても、魂は故に帰ることを庶(こいねが)う」と刻まれています。
日本人が書いたのか、墓誌を用意してくれた唐の人が書いたのかはっきりしませんが、
真成の意志だったことは間違いないのではないかな…と思っています。

第3シリーズ「転」は、今回で終わります。
連載中に親戚のおじさんの訃報が飛び込んできて、心して描けという虫の知らせかとも思いつつ
(仕事も遊びも手を抜かない人でした)何とか描ききることができました。
こんなヘビーな展開にも関わらず(ご不快に思われた方いらっしゃると思いますごめんなさい)、
見てくださった皆様、拍手やコメント下さった皆様、本当にありがとうございました。
ラストの第4シリーズ「結」は、来月から始めます。今回よりは明るくなる予定です。。。
真備と玄が、仲麻呂ともお別れして、日本へ帰るまでを描いていきますので
よろしければ見てやってくださいませ。m(_ _)m

こちらです。
| | COM(12) | TB(0) |
2010-07-26 (Mon)
土用の丑の日ですね~。平賀源内さんが鰻屋さんのために引札を作って広めた日。
地元の名物のひとつが鰻なので、この時期は蒲焼きがいっぱい売られるのですが
わたしは苦手なので食べません(^ ^;)。タレの味がどうにも無理です。
ひつまぶしだったら食べられるんですけど…。
あ、でも高校の修学旅行で福岡の柳川に行ったとき、昼食に鰻丼が出て
「やばい、食べきれるかな(汗)」とドキドキしながら食べましたらば
ものすっっっごい絶品で感動してΣ(゚▽゚)☆あっという間に完食した覚えがあります(笑)。
こんなに美味しい蒲焼きがあるのかとマジで思いました。オススメですーvvv

我が家では、鰻の代わりに茄子とかきゅうりとかカボチャなどの夏野菜を食べますネ。
旬のお野菜は夏バテ防止にいいらしく、お陰でここ最近は元気。p(^-^)q
今日はズッキーニと玉ねぎを炒めて小麦粉と牛乳で煮込みました。

ちなみに源内さんが丑の日と鰻を結び付けたきっかけは、
丑の日に梅干しなど「う」のつく物を食べると縁起がいいからとか
鰻屋さんが丑の日に焼く鰻がいつも一番美味しかったからとか諸説あるらしいですが、
わたしは大伴家持が吉田石麻呂に「夏痩せには鰻がいいっていうから食えよ」とか何とか
教えてあげたという歌を参考にした、という説が一番好き。
源内さんはもともと博学な人ですし、何より、歌からとったと考えると雅だから(ヲイ)。

「石麻呂に吾れ物申す夏痩せに 吉しといふ物ぞ鰻とり食せ」大伴家持
(万葉集巻十六・三八五三番)

巻十六って滑稽な歌が多いですね。意識的に集められたんだろうか…。
そういえば家持さんは、鰻を取りに行った川で溺れないよう気をつけろ、という歌も詠んでいます。
この時期は現代でも水の事故が多いですが、万葉の時代もそうだったのでしょうか。

「痩す痩すも生けらばあらむを将やはた 鰻を漁ると河に流るな」
(万葉集巻十六・三八五四番)

源内さんのことを細かく知ったのは碧也ぴんくさんの『鬼外カルテ』シリーズ最終章でしたけど、
何というかもう、手がけた事業の多さにひたすら感服しました。
手塚治虫さんみたいに、アイディアがバーゲンセールのごとくあった人なんだなぁ。
城福勇さんや夢枕獏さんが彼について書いた本をちまちまと読んでいたときも
色んなことがやりたくて、でも体も時間も足りなくて、
せっかく成功してもすぐに飽きられてしまった人…という印象がありました。
誰も外せなかった知恵の輪を外したエピソードとか見ると、頭は相当良かったと思うんだけど。
でも20世紀になって、かつて彼が「ここに銅が埋まってる」と言った場所から
本当に銅がざくざく出てきたっていう話もあるそうです。むぅ~惜しいなぁ!!


makki22.jpg※クリックで大きくなります
もはや世界名作劇場のようになってきました…遣唐使団第3シリーズ「転」その9。8はこちら
734年2月4日、埋葬です。マッキーが持っているのはまぁくんの幞頭と、
玄宗さんからまぁくんに尚衣奉御の官位が贈られたことを記した巻物です。

ここには、前年に海を渡ってきた第10次遣唐使たちも参列したという説と、
いや長安の情勢からみて、遣唐使は洛陽で玄宗を待っていたはずという説があり、
どちらなのかはっきりわかりません。
しかし我らが遣唐使団が付き添わないはずはないので!p(`へ´)=3
仲麻呂は立場上難しくても、真備と玄は長安にいたことにしてしまいました。

次回で第3シリーズはラストです。
| 歴史 | COM(10) | TB(0) |
2010-07-25 (Sun)
ブログ内のイラスト記事の一覧です。
タイトルをクリックすると、イラストを掲載してある記事にとびます。


●日本の人物●
奈良時代:稗田阿礼と太安万侶  
平安時代:小野篁と閻魔大王  小野篁  藤原保輔  藤原保則と小野春風
       紫式部  志賀僧正明尊  渡辺綱  岑守と三守と清公
       小野道風  小野好古  純友と好古  アテルイとモレ  菅原道真
       菅原孝標女と道真  紫式部と藤原兼輔  藤原時平と公任  忠平と俊成と定家
鎌倉時代:平六代と明恵上人  源実朝  実朝と鞠子と公暁  長明と定家と頼朝と清盛
       斎藤実盛  運慶と快慶  藤原定家
室町時代:世阿弥(1000hitお礼絵)  日野資朝と藤原保輔
江戸時代:伊藤若冲  伊藤若冲2  伊藤若冲3  伊藤若冲4  若冲と兼霞堂
       京都の絵師たち  江戸の絵師たち  東西の女性絵師たち
       蕭白と蘆雪  曾我蕭白  広重と国芳  葛飾応為  北斎と応為
       琳派3人  俵屋宗達(5周年記念絵)  尾形光琳
       塙保己一  芹沢鴨  近松門左衛門と坂田藤十郎  浅野内匠頭  大石内蔵助
近代:100年前の女性たち  100年前の男性たち
フィクション:大江山の鬼たちと、酒呑童子と、鬼についてのちょっとした漫画  茨木童子  茨木童子2
       鬼と風流についてのちょっとした漫画  酒呑と茨木  星熊童子  閻魔と子鬼  福鬼
       酒呑童子と椿  鬼たち  
       鳴神  雷神  鈴彦姫
七福神:恵比須  毘沙門天  布袋  大黒天  福禄寿  寿老人  弁才天

●西洋の人物●
ショパンとシューマン  ショパン  リスト  リスト2  シューマン&リスト漫画
クロード・モネ  中近東民族衣装の男の子  アリアドネとミノタウロス  アリスとキティ
カラヴァッジョ  ダヴィデ  ヨハネ  ルカ  ヒエロニムス  フランチェスコ  マタイ
カタリナ  マルコ  セシリア  ヨアキム  バルバラ  アーデルハイトとニコラウス
ダヴィデとゴリアテ  ダヴィデとゴリアテ2  サンタと冬将軍

●版権●
清盛ほか落描き(大河ドラマ)  高平太(大河ドラマ)  清盛ほか落描き2(大河ドラマ)
清盛と兎丸(大河ドラマ)  禿たち(大河ドラマ)  清盛(大河ドラマ)
山本覚馬&八重(大河ドラマ)  花子とアン(朝ドラ)
にっくん&さっちゃん&よっちゃん(『14ひきシリーズ』)  セリン(『アギーの祈り』)
僕(『サンクチュアリ』)  陰陽師(歌舞伎座)
アリエッティ  アリエッティ映画感想  アリエッティとスピラー(原作Ver.)
海ちゃん(『コクリコ坂から』)  二郎さんと本庄さん(『風立ちぬ』)

●その他(オリジナル等)●
魚と女の子  警部さん(222hitお礼絵)  『大神』プレイ絵  書道パフォーマンスの女の子たち
秋色の女の子たち  雛祭イラスト  電車で見たお姉さん  鞄と女の子
埼玉さん(擬人化)  おはぎさんとぼた餅さん(擬人化)  2013年ポスカ展イラスト
二千年前と今  着物の子
後ろ姿シリーズ:その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10

●合作●
紫陽花と女の子たち(人物:ゆさ+背景:Me様)

●素敵いただき物●(シリーズもののページにも数点あります)
kiyon様より夏目くんとニャンコ先生  桐月きらり様より茨木童子  ゆきなみき様より鳴神
kanayano様より酒呑童子&茨木童子  びたみん様より夕氷

●シリーズもの●
行きて帰りし遣唐使」遣唐使たちのお話とイラストの一覧
鈴木春信の周辺事情」浮世絵師たちのお話とイラストの一覧
貫之1111首」歌人たちのお話とイラストの一覧
| ブログ内イラスト一覧 | COM(0) | TB(0) |
2010-07-23 (Fri)
大暑だー。氷でなくても溶けるーー。。。
気温が体温より高いってどういうことですか。
外出後に車に乗るのが一番おっかないです。車内はムワッとするし、ハンドルで火傷しそう…(>_<;)。
日中、屋外駐車場に車を放置した場合の車内は50~70度にもなるとか。
おおおそろしやあぁぁ~~~気をつけねば。。

妹が『踊る大捜査線』を観てきました。
スリアミは面白かったらしいんですけど、他は、あんまり進展なかったみたいですね(^ ^;)。
(唯一進展していたのはストーリーではなく真下さんと雪乃さんだったとか・笑)
でもオグリンは気になるなぁ…どうなんだろ。

『トトロ』観てます(^-^)。
今観ると、何て短い映画だと思ってしまうんです。子どもの頃はあんなに長く感じていたのに。
(『ポニョ』も5歳の頃に観られればものすごく濃密な時間に感じられるんだと思う)
「さんぽ」はいい曲だなぁ…「風のとおり道」はもっといい曲だなぁ…(*´∇`*)。
ジブリ史上興行成績が一番悪いなんて信じられません。
エンターテイメントとしては『カリオストロ』や『ラピュタ』と並ぶくらい完成度高いと思うけど…。
男鹿さんの背景画の美しいこと!!映画の品は美術で決まると宮崎さんはよく言いますが、
男鹿和雄展に行ったときも「これはもはや絵画作品だ!」とか思ったものです。
ネコバスがかわいいぃ~乗りたいぃ~~~vvv
せっかくジブリ美術館に大っきいのがいるのに大人は乗れませぬ。うぼぁー。
中盤でメイちゃんが床下を覗いたとき「アリエッティいる?」とかほざいたのはわたしです(アホ)。。
冒頭の引っ越しのお片づけシーンで、おばあちゃんが座っていた後ろの箱に
「狭山茶」って書いてあったのを今回初めて気づきました(笑)。彩の国のお茶ですよ~わーい
他にも松郷とか具体的な地名が出てくるので彩の国県民としてはわっくわく。
トトロの名前自体が「所沢の隣のおばけ」→「トトロ」らしいですネ(*^ ^*)。
北林谷栄さんのご冥福をお祈りします。


makki21.jpg※クリックで大きくなります
重いですが、進みます。遣唐使団第3シリーズ「転」その8。7はこちら
マッキーからの手紙で、後輩のことを知った仲くん@洛陽。
ひとしきり泣いたものの、その後の行動は迅速です。
「後輩のために、官位の追贈と葬儀費用のご負担をお願いしたい」と玄宗さんにかけあって
あっという間に予算をぶんどり、先輩たちに手紙を書いて長安に送りました。

長安の官舎の戸口で手紙を受け取るやいなや、気もそぞろに読むマッキーと玄ちゃん。
こちらも大泣きした後なので後ろ姿をどうぞ(彼らにもプライドはあります…たぶん)。
真備「お葬式のお金、皇帝が出してくれるって」
玄「こっちが手紙書いてから10日も経ってねぇぞ。出世したなあいつ」
真備「玄、お金ある?」
玄「もちろん。何ヶ月断酒してると思ってるんだ」

ヘビーな進行ですみません…もうちょっと続きます。こちら
| ジブリ | COM(8) | TB(0) |
2010-07-22 (Thu)
梅雨明けして毎日暑いー。。アイスじゃなくても溶けるー。。。、ヽ`(~д~;*)、ヽ`
ハートの女王がタルトを作ったのもこんなに暑い日だったんでしょうか。
(そしてあのたった4行の唄からタルト泥棒裁判を思いつくあたり、
ドジソンおじさんの創作力はズバ抜けていると思う)

近所の田んぼは水が入りっぱなし↓意識して流さないと田んぼが沸騰するとか。ぎょえー。
tanbo.jpg
でも涼しく感じます~。水の音っていいなあ(⌒-⌒)。

kamo1.jpg
か~も鴨かも。今年もきました。かわいいなぁ…(*^ ^*)
害虫を食べてくれるので、農家の人たちが田んぼに放しています。

kamo2.jpg
大勢で賑やかな日々。まだみんな雛です。がんばって大きくなるんだよ!

kuribayashi.jpg
母にゃんこ@近くの栗林。この時期は、アスファルトを歩きたがりません。
これだけ草があれば、土も暑くないよね。



makki20.jpg※クリックで大きくなります
再開。かなり重くなって参りました…。遣唐使団第3シリーズ「転」その7。6はこちら
734年のお正月明け。太常寺の太医署から薬をもらって戻ってきたマッキー。
真備「どうしたの、玄」
玄「…呼吸がおかしいんだ」
真備「えっ!だって、さっきまでは…。そんな、簡単に悪くなるものなの?」
玄「わかんねぇよ、んなこと…」

manari2.jpg※クリックで大きくなります
真成「何ですかその顔。わたし、ちゃんと頑張れますよ。秋には、日本に帰れるんですもの…」
この頃、日本から遣唐使船が来唐していて、留学生や学問僧はその船で帰国することになっていました。
みんな17年ぶりの日本を楽しみにしていました。

しかし翌日、真備がいくら起こしても、真成は眼を開けなかったのでした。

…こういう展開が苦手な方、本当にごめんなさい。。。m(_ _;)m
真備と玄が日本へ帰るまで描くと決めた以上、避けて通れませんでした。
真成を登場させない手もありましたけど、シリーズのどこかで触れることになったと思います。
しかし生と死を描くには、わたしはまだまだ未熟だなぁと痛感しました…(遅)。
続きはこちら


クリックで拍手お返事。↓
皆様いつもありがとうございますm(_ _)m☆ >> ReadMore
| 徒然写真 | COM(4) | TB(0) |
2010-07-20 (Tue)
両親の忙しさがMAXです。明日には落ち着くかな…。

村山早紀さんの『コンビニたそがれ堂~星に願いを』を読みました。
前2冊も読んでいますが、続きをやっと図書館で借りられました。
風早の町の夕暮れ時、お稲荷様の社のそばにあらわれるコンビニたそがれ堂。
店員は、銀髪のおにいさんがひとり。
陳列している商品は、訪れたお客さんが、そのとき、一番必要としているもの。
それを使って、お客さんたちは、そのとき自分が一番やりたいことをやり抜いていきます。

村山さんはよく、電子機器とファンタジーの共存をやります。今回はツイッター。
『アカネヒメ物語』で、パソコンと神様の術が融合したのもビックリでしたが
ツイッターもファンタジーと一緒にやれることが証明されました…えらいこっちゃ。
というか、このシリーズ自体、設定がものすごくツボなのですけれども。
コンビニは現実的であっても経営者が…ね(^ ^;)。店員のおにいさんに会いたい。
容姿といい正体といい、こんな美しい店員さん、なかなかいませんよ!
でもたそがれ堂を見つけないと会えないんだよなぁ(汗)、
会えても商品をうまく使えないだろうからダメだなぁ(- -;)。

村山さんは、人が心に傷を負ったときどう行動するかを書くのが本当にうまい。
傷の受け止め方と、精一杯の抵抗と、その後、傷とともにどう生きていくか。
一度負った傷は完全には癒されないけど、うまく付き合う方法を考えればいいんだよ、
そのためには、誰かの手を借りてもいいんだよ…みたいなことを
繰り返し書いていらっしゃるのかなぁと思いますね。
『シェーラひめ』も『はるかな空の東』も『アカネヒメ』もそうだったような。
新しくシリーズが始まった『黄金旋律』もそんな感じですかね。あれも続きが気になります。

遣唐使団は次回に持ち越しです。なかなかうまくいきません…orz


クリックで拍手お返事。↓
皆様いつもありがとうございます(^-^)/☆ >> ReadMore
| 絵本・児童書 | COM(2) | TB(0) |
2010-07-19 (Mon)
ブログを始めて1年経ちました。

おおーっ!マジで!!(☆o☆)←当人が一番ビックリだったりする

友達と妹に半分そそのかされて(笑)「何を書けばいいんだ」とおっかなびっくり始めて
3日もつかどうかもわからなかったのに、早や1年ですyo。
人生ってどこでどうなるかわからないもんですネ…

こんな辺境ブログをいつも訪問してくださる皆様、本当にありがとうございます。
拍手やコメントしてくださる皆様も、本当にありがとうございます。
毎回、とても癒されておりますvvv
皆様のお陰でここまで続けてくることができました。ぼかぁ幸せ者だなぁ~。

これからもその日考えたことをつらつらと書き続けていきますので、
お暇なときにでも覗きにきてやってくださいませ☆
どうぞ、末永くよろしくお願いいたします(^▽^)/☆

1thanniversary.jpg※クリックで大きくなります
↑一周年記念絵。
ただ今連載中のやつらに出てきてもらいました(^ ^)。
一周年に乗じてがっつり飲む気満々です。お酒は楽しくほどほどに(笑)。

この絵はお持ち帰り可です。※イラストの配付期間は終了しています。
| お絵かき | COM(20) | TB(0) |
2010-07-17 (Sat)
両親が忙しいので、お買い物を仰せつかって車でスーパーに行きました。

駐車場に車を止めようと、亀の子運転でうろうろしてみましたが
週末のせいかお店の建物に近い駐車スペースはびっしりと埋まっていました(;_;)。
しょうがないのではじっこに止めて、帰りの荷物は車までカートでガラガラ押していきました。
ついでに本屋さんで「MOVIEぴあ」を買って、アリエッティのミニ本をゲット。
ミニ本は、他にもいっぱい種類があるみたいですねー。
8月から池袋でやる宮崎さんが選んだ本イベントの購入者特典のとか。行きたい!
あと、本日アリエッティ公開ですyo!また観たい!アリエッティ展もいつ行こう!!(>_<)

どうでもいい余談ですけど、駐車場で車と車の間が空いているように見えて
「あそこに止めよう!」と喜び勇んで近づくと、小型車やオートバイがひっこんで止まっていて
どこにも駐車できないとわかるよりもガックリくることがありますが。。。
あの見えそうで見えないスペースを何と呼ぼう。


makki19.jpg※クリックで大きくなります
遣唐使団第3シリーズ「転」その6。5はこちら
玄宗さんの一行が洛陽へ出発する前日、仲くんが会いに来ました。
仲麻呂「ごめんなさい、先輩…わたし、最後まで真成の側にいられません」
真備「毎日手紙を書くから、何かあったらすぐに知らせるよ」
送り出す方も何を言えばいいのかわかりません。不安でいっぱい。

すみません、次回は、とても個人的なことが起こります。史実です…。
| 日記 | COM(2) | TB(0) |
2010-07-16 (Fri)
ふくやまけいこさんの『ひなぎく純真女学園』3巻と『話の話』をゲット。
ひな女はこれで最終巻とのこと。寂しいですなぁ~(;_;)。
1年ぶりの新刊ですからこれまでの内容すっかり忘れてるので1巻から再読。。。
百合に萌えにオタクにコスプレに、よく考えたらスゴイ話だなぁこれ。
いや、かわいくて面白かったけど(*^ ^*)。木成さんのおにぎりが食べたいです。
劇中の「ぬるま湯の果て」のラストが気になります。イブスキーは無事ですかふくやま先生~
『話の話』はひな女を密林で注文するときにたまたま見つけて一緒に買ったのですが
この手の冒険ものはすっごく好み!わくわくしっぱなしで夢中で読んでしまいました。
クロッカスがいい奴だ~!!(>▽<)ノ料理のできる兄ちゃん好みですvvv

ふくやま先生の描く漫画はほんわかのんびりで、ちょっとドキッとするところが魅力。
東京物語』は永遠の名作ですyo。草ちゃんにベタ惚れですが、平介さんもいい人だぁ(笑)。
次回作は『メルモちゃん』とのこと。読むよ読みますよvvv


ハウルハウル、わぁ~い面白い(^▽^)☆
ストーリーが原作と全然違うのでやっぱりよくわからないのですけど
ハウルがかっこいいぃ~~!冒頭の空中散歩で惚れない女子はいないよ!!
ヒンの動きにいちいちときめき。こんなに尻尾がかわいい犬がこの世にいるでしょうか☆
そしてどんどんたくましくなるソフィーさんがかっこいい。


makki18.jpg※クリックで大きくなります
遣唐使団第3シリーズ「転」その5。4はこちら
733年末、長安は未曾有の飢饉に襲われたため洛陽への一時的な遷都が決まりました。
仲くんは左補闕なので玄宗さんと一緒に洛陽へ向かわなくてはなりません。
玄「うわこれ、全部皇帝の直筆じゃん。おれに袈裟くれたときは署名しかしなかったくせに」
真備「玄、恐れ多いからじろじろ見ないの!しかし長旅だねぇ…半年以上も滞在なんだ」
仲麻呂「そうなんです。だから、しばらく見舞いに来られないけど…」
真成「大丈夫ですよー、玄先輩も来てくれましたから。心配しないでください」
とか何とか。。。まぁくんが白湯で煎じて飲んでいるのは、
玄ちゃんが大福先寺から駆けつけたときに持ってきてくれた薬草です。
情勢は容赦なく動いていても、今はのんびりまったりひととき。
続きはこちら


クリックで拍手お返事。↓
皆様いつもありがとうございます(^_^)ノ☆ >> ReadMore
| マンガ | COM(8) | TB(1) |
2010-07-14 (Wed)
ちょっと前に、妹が学校の人から「大神」とPS2を借りてきました。
わたしも隣で眺めているのですが、面白くてハマっております
古事記や日本昔話や歴史上の人物がキャラクターになっていて、
昔話や歴史的史実をベースにしたイベントやバトルが起こるので
その道の人間にはツボなゲームですyo☆
筆で描いたようなキャラデザやグラフィックに抜群のセンスを感じます。水墨画みたい~。
(しかし牛若丸のおフランス的キャラクターにはびっくりした)

操作キャラのアマテラスがフィールドを走ると、地面に花が咲いていくのですが
すごく綺麗な演出です。シシ神さまみたいだ(>▽<)ノ☆
攻略本も借りてきて、わからなかったり迷ったりしたら見つつ絶賛プレイ中です。
しかし慣れないPS2に妹ちゃんは大苦戦!
(我が家の歴史書にテレビゲーム機という文字は存在しませぬ)
筆しらべで輝玉や木の花をまともに描けるようになったらイベントが終わっちゃったとか、
八犬士の最後の1匹がどこだかわからなくて探し回ったら出発地にいたとか(残念!)、
ヤマタノオロチの料理場で食材求めて三千里したりとか、
弁慶のイベントで釣り竿の種類を間違えて買っちゃってもう一度買いに戻ったりとか、
ハイレベルな穴掘りイベントに2時間かけたりとか(カグヤちゃん歩くの遅い!笑)、
進行は順調に遅れています(^ ^;)。
現在龍宮に向かうところです。とりあえずセーブだけはまともにできるようになりました。。。
やっと折り返し地点だよ~がんばりましょう…。

あと、アマテラスと一緒に旅をするイッスンの動きがいちいちかわいい!
アマテラスの頭上でぴょんぴょん跳ねる小っちゃい絵師なのですが
何というか、あらゆる意味で調子のいい奴です(爆笑)。色々癒される…。
打出の小槌でおっきくなったイッスンに惚れたよ!!(←アマテラスが縮んだだけです)



genbo3.jpg※クリックで大きくなります
↑遣唐使団第3シリーズ「転」その4。3はこちら
洛陽の龍門石窟にやって来た玄ちゃん。(この頃は大福先寺に滞在中)
伊水の山沿いに大きな盧舎那仏様がおわすと聞いて、無謀にも舟を漕いでやって来ました。
「でっけー………(溜息)」
これが帰国後の出世欲につながったらしいですが、まだそんなことはアウトオブ心中。
ちなみに玄ちゃんがつけている紫の袈裟は、玄宗皇帝からもらったものです(史実)。

洛陽の石窟は敦煌、大同と合わせて中国三大石窟と言われ、現在は世界遺産に登録されています。
奈良東大寺の盧舎那仏様はこの龍門の盧舎那仏様がモデルだそうです。
現代の洛陽に残っている洞窟や石仏像のほとんどは唐の頃のものだそうですよ~。
そういえば洛陽には関羽のお墓である関林や、白楽天のお墓がある香山寺もありますね。
続きはこちら


クリックで拍手お返事。↓
皆様いつもありがとうございます(^_^)ノ☆ >> ReadMore
| ゲーム | COM(6) | TB(0) |
2010-07-12 (Mon)
サッカーWCはスペインが優勝しましたね!
例の如く起きていられなかったので(^ ^;)朝にテレビつけて結果を知りました。。。
これで優勝国がまた増えたわけですネ~。新しい歴史ができた感じ。
世界中の選手の皆さん、お疲れさまでした。楽しい1ヶ月間でした。


松山市の愚陀仏庵が倒壊してしもた!!→こちら
ニュース見たとたん「えええぇぇちょっとぉぉーーー!!」と思わず叫んでしまいました…。
だって漱石と子規の家ですよ!!(←子規は違)
本人たちが住んでいた当時のものではなかったとはいえ、
彼らを偲ばせる建物なので、ファンには衝撃的なニュースですよこれ。
歴史的建造物が壊れると普通の建物が壊れたときよりもショック受けます…。
醍醐寺の観音堂や遠野の座敷童子の宿やトトロの住む家が焼けたときもショックでしたが
今回は輪をかけてこたえたなぁ。
(私事ですが「今年の四国は大混雑だろうから、来年あたりに土佐と合わせて松山に行って
三庵巡りやりたいなー」とか思っていた矢先だったので)
でも、自然災害じゃ人間には防ぎようがないですしね…ビエェン(T_T)。
やばいわたし次に『坂の上の雲』で子規を見たら、違う意味で泣き出すんじゃなかろうか。

現在、松山市は大雨の影響でそれどころじゃないと思いますけど、
隠岐の国分寺も再建中ですし、この草庵も折を見て再建してくれるといいなぁと思います。


makki17.jpg※クリックで大きくなります
↑遣唐使団第3シリーズ「転」その3。2はこちら
ドラマにも出てきた方響を初めて見て、ビックリ&大興奮のマッキー。
真備「これ楽器だよね?どうやって演奏するんだろう…誰か詳しい人いるかな?」
同輩「お城で教えている人が、官舎の近くに住んでるよ」
真備「ほんと!?その人の家どこなの!!??」
とか、そんな図(笑)。もちろん、この後すっ飛んでいって教えてもらったことは言うまでもなく。

真備は留学の際に朝廷からもらった手持ち金を
すべて唐の書物、道具、楽器、武器などの買い物に費やしたそうです。
で、それなら長安のあっちこっちを回っていたのではないかと思って(^ ^)描いてみました。
勉強が好きで、学ぶことが好きで、根っからの学者肌だったのかもしれません。
続きはこちら


クリックで拍手お返事。↓
皆様いつもありがとうございます(^_^)ノ☆ >> ReadMore
| 歴史 | COM(4) | TB(0) |
2010-07-11 (Sun)
今日は選挙に行きました。
前回は出口調査があったのに、今回はなかったです…何ですかね、この差は。


たーけーちーさーん…(さーん…さーん……)←エコー(TmT)
今日の『龍馬伝』、予想はしてたけどやっぱり涙々展開。。。
前回の龍馬の意味不明なギャグ行動は完全に吹っ飛んで(笑)武市さんの独壇場だった!
牢から出るときの立ち振る舞いも綺麗だったし、ちゃんと三文字の切腹をやってくれました。
ああ良かった、これやらなかったら意地を見せる場がないんだyo!と思ってたので…。
大森さん本当にお疲れさまでした。まさか半年も武市半平太にときめくとは…楽しかったです。
以蔵の斬首はさらりと終わってしまいましたね~ちょっと残念。
佐藤くんもお疲れさまでした。まさか半年も以蔵にときめk(以下略)。
わんこでかわいらしい、新しい以蔵像をありが糖っ!

次回からやっと長崎ですね。
予告でみた晋さんが結構、史実のお顔とそっくりでびっくりしました!
ピストル撃ち慣れてる様とかメチャかっこいい…きゃーそれをいつか龍馬にくれるのね!!
あと慎ちゃんと内蔵太はよ出てきてください~。お慶さんも楽しみ。


manari1.jpg※クリックで大きくなります
↑遣唐使団第3シリーズ「転」その2。1はこちら
井真成くん@留学生官舎。
ちょっと風邪気味なので寝ながらお勉強中です。
窓辺にあるのは、病弱なのに「勉強する」と言って聞かないまぁくんのために
玄ちゃんが彫ってあげた薬師如来様。
「毎朝、きちんと拝してから勉強するよーに!」とか言ったんだと思います(笑)。
まぁくんが読んでいる冊子はマッキーが写したもので、数珠と簾は仲くんが買ってきました。
みんなこの、一番年下の後輩には甘いのです(^ ^;)。
続きはこちら

そしてさっきヨミウリオンラインで遣唐使の新しいニュースを見て大はしゃぎでした!
円仁直筆「かもしれない」署名入り石版発見ですよ~うわーんマジですか!?→こちら
唐末期の廃仏のまっただ中で仏舎利を守ろうと地中に埋めたものが出てきたらしいです。
唐のお坊さんたちでさえ大変だったときに、よくそんなことできたもんだ。
何とかしようと必死だったんだろうな~よくやりました、円仁!!
| テレビ | COM(6) | TB(0) |
2010-07-10 (Sat)

朝起きたら、本棚の上に何かこんもりとしたのがあったのでパチリ(笑)。
もしもーし、落っこっちゃいますよ!

mikebook2.jpg
じゃじゃん♪正体は姉にゃんこでした。二段ベッドをつたってよじ登ったらしいです。
「猫(ひと)の顔じろじろ見ないでよ失礼ね。放っといてちょうだい」
はいはい、失礼しましたー。

mikebook3.jpg
10分後、どうやって降りたのかわかりませんが床にいました(^ ^;)。
「あついー」
少しでも涼しい場所を求めて三千里。
そうだよねー夏毛に生えかわりつつあるとはいえ全身毛玉だもんねぇ。
水分補給も欠かせません。お水いっぱい飲んで熱中症予防予防!!
元気に夏を乗り切ろうネ。


nakamaro1.jpg※クリックで大きくなります
前回予告しましたが、遣唐使団第3シリーズ「転」その1です~。
トップバッターは阿倍仲麻呂くん。宮中で忙しい日々を送っています。
お話しているのは玄宗皇帝(当時49歳)。「主上、そろそろお仕事ですよ」とか何とか。
世の中は733年の秋@唐・長安。仲くんは唐名を朝衡と名乗って
左補闕(さほけつ・従七品上)に任じられてお仕事をしていました。

もともと仲くんは勉強ができたので、四門学と太学を卒業した後は
科挙にもあっさりパスして校書、左拾遺、左補闕と順調に出世してしまった人です。
左補闕は皇帝の側近のようなもので、あまり地位は高くないのですが
皇帝が何か間違えたときは意見ができる立場でしたから(仲くんは唐語も普通に話せたらしい)、
皇帝からの信頼が厚くなければ務まらない役職です。
あとこの頃は、宮中に復帰してきた詩人の王維とも交流が始まっていると思います。
数年後には李白や杜甫とも知り合って、結構会う機会があったらしく
753年に玄宗から帰国を許された時には(結局帰れませんでしたが)、
唐の詩人たちから送別の詩を贈られたりしているのです。
…昔の日本人はスゴイですよ!感動します!!

続きはこちら
| | COM(5) | TB(0) |
2010-07-07 (Wed)

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「七夕の日のお天気、どうだった?」です。7月7日七夕、天の川で織姫と彦星が~…そんな日ですが、なんだか雨が降ることが多い気がしませんか?雨が降っちゃうと星が見られませんし、なんだか損した気分に。織姫と彦星が会えなくなっちゃうなんて話も聞いた...
トラックバックテーマ 第998回「七夕の日のお天気、どうだった?」


毎年のことですが時々ですねー。天の川は見えないです…氾濫してないといいなぁ。
そして試写会の興奮が冷めない!どうしよう!!

manaritanabata.jpg※クリックで大きくなります
↑七夕飾りを持つ遣唐留学生・井真成。
梶の葉の短冊と五色の紐は乞巧奠を意識。
乞巧奠は奈良時代に遣唐使が持って帰ってきた行事らしいです。
(冷泉家のとか花山神社のとか行ってみたい)
画面が寂しいので輪飾りを付け足したらだいぶ賑やかになりました。
…下描きするときは塗ること考えてやろうねって話ですネorz

Googleが七夕仕様になってる間にアップできて良かった…。ε=( ̄、 ̄A)ホッ
というか地元の七夕は旧暦なので、遅くても問題ないんですが。
今年も七夕祭り行って、花火見るどぉ~。

「織女し船乗りすらし真澄鏡 清き月夜に雲立ち渡る」大伴家持
(万葉集巻十七・三九〇〇番)


ちょこっとお知らせ。
次回更新記事から遣唐使団の第3シリーズを連載することにしましたvvv
前回の第2シリーズからずいぶん間が空いてしまいました。。。
…実を言いますと↑の井真成が、どうしても遣唐使団を離れなければならないのです。
本当はずっと真備たちと一緒にいさせてやりたかったですし、
真成もそうしたかったと思うんですが、史実って厳しいなぁ…。
で、ちょっと遣唐使団シリーズを今後どうしようかと考えた結果、
第1シリーズ:起(唐到着まで。ブログ連載時タイトル「海を渡る吉備真備」)
第2シリーズ:承(唐生活1。ブログ連載時タイトル「遣唐使団は元気でやってます」)
第3シリーズ:転(唐生活2。次回から)
第4シリーズ:結(帰国)
といたします。
真成のことと、今後の構成を考えるのに時間がかかって、なかなか描けずにおりました。
最後まで彼らを見守ってくださると嬉しいです。
| お絵かき | COM(8) | TB(0) |
2010-07-06 (Tue)
TOKYOFM主催『借りぐらしのアリエッティ』試写会に行って来ました!
v(≧∇≦)v♪

公開前なのでストーリーのネタバレはいたしませんが、
終わったとたん「また見たい!」と思うくらい良かったです!!!
見終わってしまうのがもったいなくてすごく寂しかった…(泣)。
ハラハラドキドキ感は宮崎さんの映画の方が上ですけど、
そんなの全然気にならないくらい素敵な世界感で、しっとりして切なかった。。。
ほんとマジで素敵な作品でしたよ~!おすすめですおすすめ

アリエッティがかわいい。(志田ちゃんグッジョ~ブ!)
翔君が素敵すぎ。(顔が隆くんそっくりでした!)
ホミリーさんとスピラーと太っちょにゃんこの一挙一動にときめきvvv
一緒に行った妹は「樹木希林マジばねーわー」と言ってました(笑)。確かに!(^_^;)

画面も色彩豊かだったし、草木が風に揺れる動きとかありえないくらい綺麗でした。
米林さんもスタッフの皆さんもがんばったんだなぁ~。
あと、小人目線が多いので風の音とか草木をかき分ける音とか、音響効果がすばらしいです。
あれは映画館でしか味わえないと思う。
セシルさんの音楽も良かったです~♪
あと食べ物のシーンも良かった!以前に気になると書いたけど、色々食べてましたよ~。

うわ~ん早くまた観たいよぅ!
17日まで待たないといけないなんてまるで拷問!!(ToT)

すみません、ハマりすぎてテンションおかしいんで文章もおかしいです(汗)。
興奮冷めたらもちょっとましな文が書けると思います。
あと2回は絶対観るぞ~。(^▽^)/
| ジブリ | COM(12) | TB(0) |
2010-07-04 (Sun)
今年のNHK全国合唱コンクール中学校の部の課題曲は大塚愛さんの作詞作曲だそうで。
ようつべで聴いてみましたが、例年になく英語が多くてだいぶビックリでした。
上田真樹さんの編曲はとてもすばらしいので、合唱で聴くぶんにはいい曲ですけれど
それでも結構、歌いにくい曲だと思う。
今年の少年少女たちは大変だなぁ~(^ ^;)みんな金賞目指してガンバレ。

このあとに高等学校の部の課題曲を聴くと「あ、懐かしい」と思ってしまいます。
歌ったことがあるのではなくて、曲調が、わたしが中学校の頃に歌っていた課題曲と似てるのです。
…って、よく見たら作曲が「この夢を」の鈴木輝昭さんではないですか!
そして作詞は谷川俊太郎さんではないですか!!
Nコン課題曲の常連コンビが放つ歌いやすいけどレベルの高い曲…(^ ^;)。
高校生たちもガンバレー。

彼らを見ていると、昔、Nコンのステージに立ったときの緊張感を思い出します。
ひとりじゃないので怖くはないんですが、なにせ、人前ですしね…。
でもがんばったぶん、良い結果が出たらみんなで抱き合って喜んだっけ(^-^)。
よく考えたらあんなに歌いまくった日々は他にないです。
美しいハモリが聴けると嬉しいし、自分たちがうまくハモれても嬉しかった。
合唱って本当にいいもんですね~♪(水野晴男氏風に)

「この夢を」を作詞した詩人の高野喜久雄さんはもう亡くなられているのですよね。
あれ本当いい詩だったなぁ…。(楽譜まだとってあります)


クリックで拍手お返事。↓
皆様いつもありがとうございます(^_^)ノ☆ >> ReadMore
| 音楽 | COM(2) | TB(0) |
2010-07-03 (Sat)
新宿紀伊國屋サザンシアターの谷川俊太郎×山田馨ライブトークに行ってきました~。
ぼくはこうやって詩を書いてきた』の刊行記念対談です。
谷川さんが詩を書くときのイメージや、好きな音楽、ことばの使い方、日常生活、
朗読した詩についてなどなど(会場では「かなしみ」や「自己紹介」などが朗読されました)
あとからあとから話が出てきてホントに楽しかったです。
谷川さんと山田さんは結構長いおつき合いで、しかも飲み友とのことなので
話が途切れることがない。。。
メモ取りながら聞いていたんですが、途中で手首おかしくなりかけてあきらめました(笑)。

朗読された詩は『ぼくはこうやって~』の中からの抜粋だったんですけど
あえて本の文字を追わずに耳で聴いてみましたらば、
何というか、こう…心にものすごく深~く染みこんでまいりましたよ。
何だあれホントすばらしいです。やばい朗読ハマるかもしれん……!!
質問コーナーではいきなり人生相談(!)を始めた若い人とかもいて
(最初ちょっと戸惑いながらも、谷川さんはきちんとお答えされていました)
最後までもりだくさんの1時間半でした。面白かった~!!

トーク後、サイン会もあったので会場で『ぼくはこうやって~』を買って
おふたりのサインをいただいてきちゃいました!(>▽<)
(YA-HA、日付書いてもらい忘れた!orz)
帰りの電車の中でだだっと読んでみましたらば
谷川さんの人生がそれはもう赤裸々に語られていました( ̄Д ̄;)。
すごいすごい何でこんな人生送れたの、未来を信じていたとしか思えない!
お相手のお兄さんにほだされて結婚っていうくだりで笑った。
この人、どっか考え方のベクトル違うよなぁ(^ ^;)。
700ページもあってかなり分厚くてずっしり重いですが、面白いです。おすすめ。


そんなこんなで帰宅したら、TOKYOFM主催の
『アリエッティ』試写会当選はがきが届いておりました!
なので火曜日に行ってきま~すv(≧∇≦)vうひょー
| 一般書 | COM(6) | TB(0) |
2010-07-01 (Thu)
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?」の遠野秀一様がブロともになってくださいました!
紹介はこちら。どうぞよろしくお願いいたします~(^ ^)。


以前ブロとものパセリサラダさんから「麒麟の絵を」とリクをいただいていたのを
やっとこさ仕上げました(汗)。動物って描くの難しいorz
kirin.jpg※クリックで大きくなります
瑞雲の中を駆けていくイメージ。これからどこかの皇帝の頭上にあらわれると思います。
角端(体毛が黒い麒麟のこと)にしたのは麒麟の中で一番数が少ないレッドデータ麒麟だから(笑)。
希少価値という設定にときめいてしまったわけです。

パセリさん遅くなってすみません、よろしければもらってやってくださいませ~。
クーリングオフは無期限です。

『説文解字』によると麒麟の体は鹿に似て、蹄は馬、尾は牛だそうですネ。
他にも鬣が獅子だったり、二本角だったり、翼が生えていたり、蹄が割れていたりと
文献によって姿形はさまざま。
(龍や鳳凰や獏も色んな生き物の集合体ですね。日本でいえば鵺がそんな感じ)
いわゆる瑞獣で、皇帝が善政を行っていなければ姿を見せないとか。
戦争や殺戮があると生まれてこられないのかもしれませんね。
実際、草木を食べることも生き物を踏むこともないやさしい獣ですし。

そういえば物事の終わりや絶筆のことを「獲麟」と表現するそうですけれど…。
(捕まえた獣を麒麟と知らず手ひどく扱った人々を孔子が嘆いた、という記事が
『春秋』の最後の巻にあることに由来しているらしい)
「伝説上の生物が傷つくと不吉」という話はどこの国でも割と見られますね。
西洋のエルフやピクシーが、とてもショッキングなことがあると
一気に年老いて土地もろとも弱ってしまうというのをどこかで聞きましたけど
これも麒麟の存在の仕方と似ている感じがします。
やさしい生き物ってだいたい弱い存在なのですよね。
そう考えると麒麟やエルフが生きられるのは平和な世界だけなのかも、と描きながら思いました。

で、さらにどうでもいい余談ですが、
↑の絵を描くとき真っ先に思い出したのが日本橋の阿吽の麒麟像でした。
続いて「あっ九州の道真さんとこにもいたじゃん」と太宰府天満宮の麒麟像も思い出して参考に。
よく考えたら和漢三才図会とかキリン○ールとか十二国記とか
他にも資料はいっぱいあったのに(弟から「モンハンにもいるよ」と言われた)、
何で日本橋と太宰府が出てきたのかは不明です…(^ ^;)。
お酒飲まないからかなーお酒と聞いて思い出すのも調理用酒っていう残念脳だしなー。
(というかもともと炭酸が飲めないので、お酒が飲めたとしてもビールは飲めませぬ)
| 歴史 | COM(8) | TB(0) |