fc2ブログ

本日の『龍馬伝』…。内蔵がぁーーくーらぁーーー!!!。・゜゜・(≧□≦。)・゜゜・。
ワイルウェフ号沈没事件は史実で聞いても本当に号泣です。
できればもう少し細かくやって欲しかったな…龍馬が慰霊碑を建てたほどの事件なので。
台風がきて、ワイルウェフ号を引いていた桜島丸がロープを切っちゃうんですよね。
切った人はどんな思いだったんだろう…うわあぁぁん。。。
副船長だったくらは最後まで懸命に舵をとっていたそうです。くら…あなた船乗りの鑑だよ…!

歴史ってわりと、現代人が考えているほどにはうまくいっていないというか
昔の人も「よし!今回は本当にうまくいった!!」と言えたことって
人生の中で数えるほどしかなかったんじゃないかと思います。
その時代のハイテクと最新の知識と思想と人脈を総動員してやり遂げようとしても
大きな思惑や天災がからんできたらどうにもならなくなっちゃうのは
昔も今も変わらないですし。
そうすると、物事がスムーズにすすむって何か、奇跡みたいなことだなぁと思う。
やり遂げるって大変ですね…。

…で、何でもいいけど中岡さん家の慎ちゃんの捜索願を出したいです。
どこ行っちゃったの本当にーー!!(爆)
史実では龍馬さんのお見舞来たはずなのに…結婚式の晩酌もしたはずなのに何故出てこないのおぉぉ~~!!
薩土盟約の件で忙しかったとはいえ、慎ちゃんが寺田屋騒動を知らないはずないんだけどな…。
11月15日に近江屋に行くかどうかも心配でたまらなくなってきましたorz


じゃらじゃら※クリックで大きくなります
春信さんとほぼ同時期に描いていた鳥山石燕先生。
浮世絵もいいけど日本画も捨てがたいです。妖怪絵の細かさにおいてこの人は神。
以前の絵よりもアクセサリーが増えているのはわたしの趣味です(^ ^;)。
そのうちまた先生と妖怪たちを描きたいな…)

クリックで、何の間違いかボツ絵です(^ ^;)。↓ 続きを読む
スポンサーサイト