fc2ブログ
2011_05
19
(Thu)23:41

旅の続き。

予告してからずいぶん経ってしまいましたが、
本日より『行きて帰りし遣唐使』の後日譚である「後日」の連載を始めます☆
全15回の短期連載ですが、見てやっていただけると嬉しいです~。
前半はマッキーと玄ちゃんが都へ帰還するまでのお話、後半は唐に残った仲くんのお話になります。

ちなみに前回シリーズのラストはこちらです。

そ、そして、実はですね……。
今日は遣唐使シリーズ連載開始1周年だったりします~!!えへ♪v(≧▽≦)v
何となく描いていたあの絵から、まさかこんなに長く彼らを描き続けることになるとは…。
皆様が彼らを応援してくださって、ゆさにエネルギーをいっぱい与えてくださったお陰です!
本当に、本当に、ありがとうございます!!
ご期待に添えるよう、がんばって描きたいと思います☆
m(_ _)m

※お話に出てくるのは、日本史上に実在した人々です。
史実に沿って描く部分もありますが、多くはゆさの創作であることをあらかじめお断りしておきます。




元気いっぱい。※クリックで大きくなります
「行きて帰りし遣唐使・後日」その1。
734年11月。東シナ海から種子島を経て、筑紫の博多湾に到着した遣唐使一行です。
人々が荷物を抱えて下船していく中、玄ちゃんは勢い余って漕ぎ手の人たちと一緒にジャンプ。
玄「着いた着いた、ヒャッホーウ!!」
真備「こら玄!おまえの荷が一番多いんだから、早く降ろしなさい!!」
一応言ってみるマッキーですが、たぶん玄ちゃんは聞いてない(笑)。

ホッと一息。※クリックで大きくなります
真備「まったく、しょーがないなぁ…」
何はともあれ、マッキーもホッとしたようです。
一行はこれから、荷物をかついで、帰国の報告をするために大宰府へ向かいます。

船の上を、何かが唐に向かって飛んでいきました。

続きはこちら
*遣唐使のイラスト記事一覧はこちらです*
スポンサーサイト