fc2ブログ

tohakumexico_1.jpg
東博の特別展「古代メキシコ —マヤ、アステカ、テオティワカン」に行きました。
日本メキシコ外交樹立135年を記念して古代メキシコの三大都市国家である
マヤ文明、テオティワカン文明、アステカ文明について主に出土品から迫る展覧会です。
東博でメキシコ展をやるのは60年ぶりとのことです。わあ。
メキシコの歴史や文化については概要しか知らないので一から学ぶつもりで行きました。

tohakumexico_2.jpg
全作品撮影OK、商標利用でなければSNS投稿もOK!ありがとうございます。
平日に行きましたので、あまり混雑してなくて撮りやすかったですね。

tohakumexico_3.jpg
入口からもう圧がすごい、楽しみです。

tohakumexico_4.jpg
入口には導入としてメソアメリカ文化のルーツであるオルメカ文明(紀元前1500年頃メキシコ湾岸部)の
半人半ジャガーの幼児像がありました。
頭が人間で体がジャガー、翡翠でできています。
オルメカはメソアメリカ最古の文明で、このような半人半獣の石彫の文化があったそうです。
赤ちゃんが泣いてるみたいな顔だな…と思って見ていたんですが
実際に現地でも「Bebé llorando(泣いてる赤ちゃん)」と呼ばれているらしい。

tohakumexico_5.jpg
マヤ文明の貴人の土偶。
大きな帽子をかぶって、青い色のコートを着ています。
青は色落ちすることが多いですがこれは割としっかり残っていて綺麗ですね。
(現地で「El charro」(メキシコ版ロデオ)と呼ばれているそうですがマヤ文明にカウボーイはいません)

tohakumexico_6.jpg
テオティワカン文明のマスク。香炉の台を飾っていたそうです。
鼻飾りと円形の耳飾りをつけた神官か戦士をあらわしたもの。

tohakumexico_7.jpg
アステカ文明の装飾髑髏。死者の国にいるミクトランテクトリ神だそうです。
目に貝殻と黄鉄鉱をさしこみ、頭部には髪をさしていたと思われます。

以下、写真が多いのでたたんであります↓クリックで開きますのでどうぞ☆ 続きを読む
スポンサーサイト