fc2ブログ

お月見2023。

アルス画房の展示がコンペ・受賞作品展ともに終了しました!
見に来てくださった方、投票してくださった方、コメント等くださった方々、ありがとうございました☆


2023jugoya1.jpg
昨日は十五夜、中秋の名月でした。
夕暮れ時の空は雲が多くて月が見えたり隠れたりしていて
時々雲間から出るタイミングを見計らってはパチリしていました。
風があって雲の流れが速く、出たと思ったらすぐ隠れてしまったりしたのでなかなか難しかった、
これは隠れる寸前にギリギリ撮れた月。ズームが間に合わなくて小さくなってしまった。

2023jugoya2.jpg
雲が切れた隙にガーーってズームしたら明るく撮れました☆

2023jugoya3.jpg
これはほぼ南中に上がって、ズームしても暗くなってしまった月。
なるべく地平線に近いときじゃないと綺麗に撮れないですね。。
しかし3日前くらいから雲の多い天気だったから心配でしたが、今年も楽しめてよかったです。
SNSを見てたら世界各地の人たちがそれぞれの場所から月を見上げていて
いまみんなで月を見てるんだな~と思って楽しくなりました。満月はグローバル。


sanmatsutsuki.jpg
こちらは雲から満月が顔を出しているお菓子。三松堂の源氏巻です。
源氏巻は季節によって表面の焼き印が変わるのが好き~来月はハロウィンかな。

2023yukimitsuki.jpg
雪見だいふくのお月見。毎年この時期にアイスが黄色くなります。

tsukitamamilk.jpg
市岡製菓の白い月たまみるく。
萩の月の亜種かなと思って食べてみたらやっぱりそんな感じでした。
全国にあるよねこういうお菓子。つい買っちゃうんですけどね。

morihachitsuki.jpg
森八の華兎と月見月。
夜空では月の兎が花畑で遊び、地上では人間たちが秋の収穫を終えて月を眺める。
セットでお月見の和菓子ですね。

hanameigetsu.jpg
花扇の名月。
毎年この時期に出るお菓子で、月にススキのシルエットがかかっています。
こういうお月見お菓子のデザインはあちこちで見かけますね。パターンなのだろうか。

funasadatsukimi.jpg
舟定の月うさぎ、虫の音、月夜。
虫の声が響くお月見の夜空の月には兎が跳ねる。
あとここにもススキのデザインですが花扇のよりシンプルなのにススキだとわかります。デザインの勝利。

kurazukuritsukimi.jpg
くらづくりの名月と秋桜。
そろそろコスモスも咲き始めますね~楽しみです。
お月見お菓子も月にススキに兎と王道のデザイン。

kameyatsukimi.jpg
龜屋の名月と秋のおとずれ。
トンボと織部模様はよく合います。そろそろ初釜も近いね。
名月は食べたときシナモンの香りがしたのですがススキがシナモンで描いてあるのですね☆

tsuruyahatsukimi1.jpg
鶴屋八幡のすすき野と水面の月。
両方とも黄身餡が入っているのですが片方は表面をくりぬいて、
片方は包んだ皮の中から色を浮かび上がらせているのが見事です。

tsuruyahatsukimi2.jpg
同じく鶴屋八幡の水月。
写真だとわかりにくくなってしまいましたが水面に映った月です。

tsuruyahatsukimi3.jpg
断面はこんな感じです。
真ん中に黄身餡が入っていて表面に透けて見えているのですね。
透明な素材の内側の色が透けて見える、というデザインにどうにも弱いです。繊細さを感じてしまう。

kandawatsukimi.jpg
かんだ和彩の月あかりとこぼれ萩。
月の明るさが桔梗の花びらを白くしている様子、
このお菓子毎年見ているのに美しいなあと思います。情感がすごい。
お彼岸で萩の花も咲いてるね~。

sasaragatsukimi1.jpg
両口屋是清のささらがた、お月見。
パッケージにウサちゃんいっぱいでかわいいです。お空もお月様に照らされて黄色い。

sasaragatsukimi2.jpg
清洲兄弟とパチリ。
ちょっと振り返って月を見上げる兎を一筆書きで表現しています。かわいい。

なんだか月よりだんごみたいな記事になったけど後悔はしていません。
月にもかわいい季節のお菓子にも出会えるお月見ばんざい☆

クリックで拍手お返事。↓
遅くなってすみません。いつもありがとうございます(^-^)/☆
スポンサーサイト



テーマ: 季節の写真 | ジャンル: 写真

わたしだけの時間。

Artizon_1.jpg
アーティゾン美術館に行ってきました。
旧ブリヂストン美術館で2015年から長期工事に入り2020年に館名変更しリニューアルオープン、
ArtizonはArtとHorizonを組み合わせた造語だそうです。

Artizon_2.jpg
目的はこちら。
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示「読書する女性たち」です。
財団が所蔵する近代絵画の中から読書をしている女性たちを描いた作品を展示するもので
開催情報は先月得ていたのですがもう楽しみすぎてたまりませんでした。ありそうでなかったテーマだと思う。

チケットは日時指定の予約制で、当日券は余分があれば当日でも買えるようですが
予約していった方が300円も安いので前日に予約。
スマホでQRコードを読み取って入館します。半券はもらえませんでした。

Artizon_3.jpg
写真撮影は非営利かつ私的目的で可。ありがとうございます!
(あと現在開催中の企画展ではスケッチもできるらしい、詳細は後日書きます)

Artizon_4.jpg
展示室は4~6階の3フロアにありまして、
入口でチケットを読み取るとエレベーターで6階に上がってくださいと言われましたので
いったん6階に上がってからエスカレーターで4階へ。
なぜかって?コレクション展示は4~5階で、「読書する女性たち」は4階だからです☆
やった~読書する人たちいっぱい見られる、あとロゴがめっちゃ優雅。

Artizon_22.jpg
特集展示はこの一部屋。
このお部屋の中の人たちみんな本読んでるんだってワクワクしながら入りましたら。

Artizon_23.jpg
おおっ読んでる!

Artizon_24.jpg
すごいみんな読んでる(^○^)☆

以下、写真が多いのでたたんであります↓クリックで開きますのでどうぞ☆

化かされているだけならば。

今期アニメ感想☆
ぼのぼの、アニポケ、青オケと文スト3期2クール目と呪術2期、
のりものまんとMX放送後に配信されるシンカリオンZの再放送ほか、新作を。

百姓貴族。
5分アニメなのちょっともったいないんじゃないかな…と思いましたが
いざ始まってみたらテンポが良いし声優さんたちのキレのある演技がとてもおもしろかったので
このくらいの方が映える作品なんだなあと思いました。
原作マンガの連載も毎回数ページで勢いある内容なのでアニメもそういう形が合っているかも。
(ただしネタがネタなので作者の荒川氏にここまでやっても大丈夫ですか?って確認しながら作ってるらしい)
(あとわたしが1話を喜んで見てたら後ろから母が「何見てるの~?」って声かけてきて
いつの間にか一緒に見るようになりまして
わたしが録画をつけると「あ、百姓貴族だ~☆」って寄ってくるようになりました)

連載開始が2006年なのでアニメ化にあたってデータがちょこちょこ更新されてて
1話から日本の食料自給率出てましたけどコミック読み直したらアニメの方が下がってましたね。
「自国内で国民の腹を満たすことのできないこの国に未来はあるのか。いや、無い」は名言です。
(ていうか今38%なのかよ。これやばいと思わないといけないですよ。政治家はのんきですけど)
荒川農場もジャガイモ畑から袋入りポテチが出てきたり獣害に悩まされたり大変ですな…。
「朝5時から夕方18時までの牛乳の色がホワイトな職場」のポスターでっめっちゃ笑ってます。
遠足で農場を訪ねるのは田舎あるあるだと思いますけど
(保育園時代に秋の遠足で梨農家の友人宅に行ったことがある)(友人とはそのまま家でバイバイした)
校門に遭難注意って看板があったりオリーブの首飾りで朝6時にたたき起こされる高校はすごいな…。
銀の匙でも思ったけど勉強と労働いっぺんにしなきゃならない生活は大変そう、
そりゃ盗んだダンプで走り出したくもなるよ。(誰も勝てないし何かあったら被害額も桁違いでしょうけど)

田村睦心氏と本多真梨子氏のハイパー早口なセリフに感動しています。よく口がまわるなと思う。(プロだからだよ)
荒川さんが語って担当さんが突っ込むノリが無駄に迫力ある絵柄で再現されててとても良いです。
ポカーンとする演出画面に宇宙猫じゃなく宇宙牛が出てくるアニメ。作者の自画像が牛だからかな。
キャストが少なくて皆さんでモブとかもご担当されてますがご両親役がもうすごい、千葉繁氏とくじら氏。。
もうどう考えても完全勝利ですよ不死身の親父殿としっかり者のおかんが合いすぎてる。
親父殿担当回あるかなと思ってたらありましたね、坂を登った先の川を軽トラで飛び越えたり
牛の出産のために氷点下の牛舎へパンツ一丁で出ていったり。(最近はジャンパー着るっぽいけど)
親父殿が九死に一生を得ると馬や牛が変死するのもやばいしそれをしれっと話すおかん様もすごい。
千葉氏はナレーションもされてますが北斗の拳の次回予告とかパトレイバーのシゲさんみたいなテンション、
やばいよあの80年代~90年代アニメの雰囲気…世紀末救世主農家アニメが爆誕したよ…。
あと挿入歌に懐メロとか入ってるのでエンディングだけ見てるとこれ何のアニメ??ってなりますね(笑)。
ていうか最終回、火星なんだ(笑)火星人キャストが無駄に豪華だといいな^^
あと2期を希望。


デキる猫は今日も憂鬱。
原作は読んでませんがキャラデザと設定を見ておもしろそうだな~って録画したら大正解だったアニメ、
家政婦は猫…というか会社員の幸来さんとハウスキーパーみたいな二足歩行のデカい黒猫の諭吉(♂)との
忙しい日常に非日常な甘やかしがとても微笑ましい作品です。
初回を見終えて巻き戻してまた見終えて巻き戻してを2回繰り返して確信しました、
うちの家にも諭吉が必要!!(°Д°)クワッ
家事はパーフェクトだし大きくてモフモフだし抱きつけるパーフェクトな黒猫がうちにもいて欲しい!!
うん。疲れてるなわたし。。
(あとわたしが1話を喜んで見てたら後ろから母が「何見てるの?」って声かけてきて
いつの間にか一緒に見るようになりまして
わたしが録画をつけると「あ、諭吉だ~☆」って寄ってくるようになりました)(たぶんタイトルわかってない)

家事をこなす巨大な黒猫の諭吉と暮らす会社員の福澤幸来さんの非日常な日常が
甘やかしでSFでお腹がすく描写(ツッコミ処もいっぱい)で綴られて、何とも羨ましい物語です。
いや諭吉、巨大とかそんなレベルじゃなくて草。。身長2mくらいありません??(笑)
料理が上手で家事をそつなくこなす2m弱の黒いモフモフってそれただのリアル安元さんじゃん…。
諭吉は猫なので飼い主に対しては「ニャ~」とか「シャー!」とか単語のセリフしかなくて
モノローグでは結構しゃべってるのいいですね。
拾ってもらった恩を返そうという気持ちはあるけど基本的には猫缶のために飼い主をお世話して稼がせていて
でも炊事洗濯料理はきちんとするし飼い主の健康管理もするし
スーパーでポイントカードとかクレカとか見せるし子どものお世話もできるしご近所さんにちゃんとお辞儀する。
(スーパーの人たちに着ぐるみと思われてるのかわいい)(お陰でモメてない)(やさしい世界)
いいことがあるとビールと猫缶で乾杯するのいいですね。人間と猫って感じ。
ていうか石川さんと安元さんはこないだ2Bとポッド042でしたよね、雰囲気違いすぎて信じられない。。
石川さんもヴァイオレットやミカサの後にこういうキャラもやるとは。珍しいです。
生活力はないけど仕事力はある幸来さん、お仕事で胃痛の種が多くて
こりゃ帰宅したら晩酌したいし諭吉に抱き着いてモフモフしたいよな…。
癒し系作品と見せかけてお仕事パートが胸に刺さる。(猫がデカい以外は日常アニメです)
諭吉が見どころかと思ってたけど雪の日に諭吉を拾う幸来さんはやさしいし
男性にからまれている女の子を一本背負いで助けたりして諭吉以上に過去が気になります。何者なの。
原作まだ続いてるみたいなので2期やってほしい~~部長や優芽ちゃんともっとからむ諭吉が見たいです。
というか部長の一族めちゃめちゃマイペースな人多くないですか、
お姉様はかわいらしくお小さくていらっしゃるけど芯が強くて多少のことでは動じないし
姪の優芽ちゃんは3歳にして自分の好きなものを見つけて追いかけて誰かと共有したい子だし
お母様は目が見えなくていらっしゃるけどお話にとても深みがあって素敵な人ですね。
あんこ猫って黒猫のことですよね…幸来さんも諭吉もしあわせな日々が過ごせるといいね。


それと、非人哉吹き替え版も見てますが例の問題のため感想は述べません。
あとAYAKAも見てますが、こちらも特に感想は述べませんが
椎名へきる氏の声が久々に聞けて懐かしかったです。相変わらずかわいい声をしてらっしゃる。

追記にシンカリオンな日々です。↓
テーマ: アニメ感想 | ジャンル: アニメ・コミック

イラストコンペ受賞2023。

※期間限定トップ記事。最新記事はこの下です↓


2023tenji1.jpg
アルス画房の「第33回ARSコミックイラストコンペ」にてコピック作品優秀賞をいただきました☆
ありがとうございました~~~!!+゚+。:.゚(^◇^).:。+゚ +゚
アルスのイラストコンペでは過去にアルス賞を3回、優秀賞(お客さんの投票)を1回いただいています。
今年から部門が統一されたり賞も足されたりとコンペのスタイルが少し変わったので
つまりコピックの賞としては第一号になれたのかな、光栄です。

担当者の人にお話を聞いたら受賞者の中に当ブログを見てくださっている方がいらっしゃるそうで
感激してしまいました。。ありがとうございます。
お会いしたかった~というか出品者の人たちとお会いしたいな~って話になって、
コンペ参加者の講演会やドローイング会みたいなオフ会ができたらいいねって盛り上がりました。
わたしはコピック民なのでコピック使ってる人が描いてるところが見たいし
水彩やアクリルもどうやって塗ってるのかとか塗ってるところを実際に拝見したい。
誰かが描いてるところをみんなで無言で見る。圧がすごいオフ会になりそう。
(わたし見られるのは苦手ですが見るのは好きなのです…というかこの界隈シャイな人多いよね…)
というかペン入れどうやってますかとか下書きどこから始めますかとかアイディアどうやって思いつきますかとか
絵師さんたちに質問してみたい!!
1枚の絵の背後にある悲喜交々を語る会あったら絶対楽しいよね。

あと今回の受賞も水彩やアクリルが多かったので(わたしが投票した作品も水彩だったし)
コピック民増えるといいな。

2023tenji2.jpg
「展示するときも上位にくると思ってました」と店員さんに言っていただいた幸せな絵です。→こちら

今年も票が拮抗してベスト3も大人・高校生・中学生と年代が分かれたそうで
コンペとしてもなかなかの盛況だったのではないでしょうか。集計お疲れさまでした。
受賞された方々おめでとうございました☆
来年もまた今年と同じ時期に開催されるそうなので楽しみです。
(担当さんに「来年もB4でお願いします!」って予約されましたがんばります)

現在、アルス画房にて入賞作品展示が行われています。
入賞作品一覧ページ→こちら

【アルス画房】 HP→<http://www.arsgabou.com/
埼玉県熊谷市鎌倉町152
平日:10:00~18:30 日曜:10:00~18:00 毎週水曜日定休
入賞作品展示期間:2023/9/14(土)~9/26(火)

お店へのアクセス:こちら
JR熊谷駅から徒歩7分
駅北口のロータリーを左方向へ、線路に平行して歩いてください。一方通行出口右角。
お店の向かい側に駐車場がありますので、お車でもお越しいただけます。

感染症などまだ落ち着かない状況ですので、ご来場の際はどうぞご無理のない範囲でお願いいたします。
お店の展示ページもございますのでオンラインでもお楽しみください☆
テーマ: イラスト | ジャンル: 学問・文化・芸術

青梅の里へ行く人の袂を分つ立川や。

oumetetsuko_1.jpg
もうだいぶ前に記事にした気でいたのですがまだだったみたいなので書きます、
6月に青梅鉄道公園に行ってきたのでした。
9月から2年間のリニューアルに入りますのでその前に見ておこう~と思ったので。

oumetetsuko_2.jpg
青梅駅から緩やかな登り坂を登っていくのですが、クライマックスはこの階段。
ここを登らずに緩やかなカーブを登っていく手もあるのですが、
なんかそれもめんどくさかったのでこのまま登りました。運動にもなるし。

oumetetsuko_3.jpg
公園は坂の上にあります。着いたよー!
「いらっしゃいませ」って看板がなんだかうれしい。
ちなみに入園料は小学生以上一律100円だ!ガンガン払うぜ。

oumetetsuko_4.jpg
青梅鉄道公園は1962年10月14日(鉄道の日だ!)に
1872年の鉄道開業から90周年を記念した事業として当時の国鉄がオープンした施設です。
鉄道開業時から活躍した車両を中心に鉄道の資料展示やミニSLなどの遊具もあります。

oumetetsuko_5.jpg
ということで入口で迎えてくれました~~D51形蒸気機関車です☆
1940年に製造され1972年(鉄道開業100周年の年だ)に引退、
地球60周分の距離を走り抜いたとのことです。お疲れさまでした。

oumetetsuko_6.jpg
上にも登れますよ~~左側が石炭庫、右側が機関室です。

oumetetsuko_7.jpg
シリンダーなどの目盛りがいっぱいあって目が回っちゃいそう。。
真ん中に石炭を入れて蒸気を起こします。
D51は機関車としては大きいので機関室も他のと比べると広めですな。

oumetetsuko_8.jpg
さてまずはこっちへ行きますよ~。

以下、写真が多いのでたたんであります↓クリックで開きますのでどうぞ☆
(拍手お返事はもう少しお待ちください)
テーマ: 鉄道写真 | ジャンル: 写真

お取り寄せな日々の過ごしかたその31。

hakofnonatsu.jpg
花扇のハコフグと日本の夏。
海水浴の季節で蚊取り線香の季節です。
蚊取り豚の口の中のグルグル蚊取り線香がいつも芸術的だなあと思いながら毎年買ってる。

hasamizunda.jpg
毎年この時期に出るので美しいなあと思いながら毎年買ってるはさみ菊。
店員さんに聞いたら「ものすごい時間かけて作ってます」とのこと。そうだよねえ。
焼きたてどら焼きとお茶をよばれてお菓子受け取って帰ろうとしたら
店長さんが「ずんだ大福持ってって!」渡されていやちょっとさすがに…て遠慮したのですが
「いいのいいの!超お得意様だから」ってニッコニコしながら渡してくれました。店長好きすぎる一生通う。
洋菓子屋さんは早くもハロウィンで盛り上がっていて楽しくて
和菓子屋さんはその前に重陽の節句とお彼岸とお月見が終わってからハロウィンですね、
和菓子は時間がゆっくり流れていて楽しい。

tsuyukukaze.jpg
かんだ和彩の露草と初風。
お会計を待つ間に冷茶と葛焼きをよばれました。暑かったから有難かった。。

omatsuhima.jpg
舟定のお祭り福ねこと向日葵。
夏だ!祭りだ!な猫ちゃんかわいいです。ヒマワリの花に小さく散らされた金箔きれい。

omatsurifukuneko.jpg
猫様とお祭り福ねこ。
眠かったらしくお菓子をお手々に乗せてもボーっとしてました。うちの猫様はよく眠ります。

senkosuika.jpg
菓匠花見の線香花火とスイカ。
夜のとばりを背景に火花を散らす花火と、見た目から完全にスイカなスイカ。

suikanakami.jpg
スイカは切ると中の赤い餡が鮮やかです。種は黒胡麻。
スイカの果汁も使ってるみたいでめっちゃスイカの味がしました。
スイカの味がするんだけど食べてるのは練りきりのお菓子。頭がぐるぐるする。

natsuiasaga.jpg
くらづくり本舗の夏色景色と朝顔。
夏の景色ということで夏の太陽(黄色)と夏の青空(空色)と生い茂る緑(黄緑色)だそうです。
まだもみじも青い。

suifhima.jpg
酔芙蓉と向日葵。
どちらも夏に咲く花ですが片や元気いっぱいの黄色、片や酔っているようなピンク色。

seibukashi2023.jpg
先月開催された池袋西武菓子博にて。
桔梗屋の桔梗信玄餅生ロール、両口屋是清のささらがた10周年記念「イタリア」、
& EARL GREYのシューカヌレ白桃、Pasahのはにわぷりんカボチャ味。
はにわぷりんは大阪行かないと買えないから関東に来てくれてうれしかったです!ありがとう。

sasaraita.jpg
ささらがた「イタリア」と清洲兄弟。
hippopon様に教えていただいてから毎月楽しみになっています、ささらがたの世界旅行。
トリコロールカラーでピスタチオ・マスカルポーネチーズ・オレンジピールの味でした^^

tawaraokuribi.jpg
俵屋吉富の五山の三笠「送り火」。
どら焼きに挟んだ餡が1つは黒粒餡、1つはマーマレード、1つはレーズン入りというおしゃれなお菓子。
五山送り火の文字が生地に焼き印で押してあります。夏の終わりを告げるお菓子ですね。
池袋西武に寄ったとき卯花墻でたまたま見つけたのでした、寄ってよかった~!
(労働争議がんばれ労組超がんばれ)

usutamaginga.jpg
森八の薄衣と玉芙蓉と銀河の旅。
薄衣はこんな風に風を感じさせる表現があるのだなあと感心したお菓子。
玉芙蓉もこんな風に水面に映る花を表現できるのだなあと感心したお菓子。
銀河の旅はこんな風に宇宙を感じさせる表現があるのだなあと感心したお菓子。

sutabamomo.jpg
スタバの白桃&アールグレイケーキ。
今年は梨をめっちゃ食べてますけど(地元の農家さんが安く売ってくれるやつ)
桃はあまり食べていない気がします…貴重な桃です。

berishiroi.jpg
ミスドのエンゼル&ベリー生フレンチと白いポン・デ・みたらし。
フレンチクルーラー50周年の商品とポン・デ・リング20周年の商品。
今年のミスドは記念の年が多めでいつもより新作も出てますな。

namakasuchoko.jpg
ミスドの生フレンチクルーラーとエンゼル&カスタード生フレンチ。
フレンチクルーラーは昔から大好きなドーナツで新作が出るのもうれしいです。

sawachibura1.jpg
にゃんともおいしい爽やかチーズケーキとにゃんともおいしいレモンブラウニー。
パッケージはユーザーの猫ちゃん写真を参考に描かれているそうです。
裏にモデルになった猫ちゃんの写真がプリントされてました。

sawachibura2.jpg
チーズケーキは過去に出た商品ですが、今回はヨーグルト味で濃厚というより爽やかでした。
ブラウニーもレモン味ですっきりおいしかった^^

natsume20kasu.jpg
夏目友人帳×OIOIコラボフェアの文明堂カステラ。
受注生産だったので注文して、ワクワクしながら届くのを待っていました。
ニャンコ先生はホワイトチョコで描かれてます。あとキャラのコースター6種ついてきました。
連載開始20周年おめでとうございます~~アニメ7期楽しみです☆ カステラもおいしかったよ!
テーマ: スイーツ | ジャンル: グルメ