fc2ブログ

東博本館の「博物館でお花見を」に行ってきました。
毎年この時期になると、本館に春らしい作品が展示されています。

2024tohaku_62.jpg
紺紙銀字華厳経 巻第十六残巻(二月堂焼経)(8世紀)。
大方広仏華厳経(60巻)を紺の料紙に銀泥で書写したものです。
東大寺二月堂に伝来しましたが1667年2月13日の修二会で二月堂が燃えてしまい、
料紙の下部が焼損したため「二月堂焼経」と呼ばれます。
よく燃え残ったな…必死で助け出した人がいたのでしょうね。

2024tohaku_63.jpg
一字宝塔法華経断簡(太秦切)(12世紀)。
経文の一字一字を仏とみなし、宝塔の中に1字ずつ書写する形で書かれています。
京都・太秦の広隆寺に伝来したため太秦切と呼ばれます。
(以上2作品は特別展示室で中尊寺金色堂展が開催されているのでその関連展示だと思う)
(中尊寺展は2時間待ちのめちゃ混みだったので諦めました)

2024tohaku_64.jpg
永樂保全「三島写桜文茶碗」(19世紀)。
保全の最晩年の作品で、白土で茶碗の内外に桜を表現しています。

2024tohaku_65.jpg
喜多川相説「草花図屏風」(17世紀)。
春・夏・秋の6枚の草花図が屏風に仕立てられています。

2024tohaku_66.jpg
歌舞伎遊楽図屏風(17世紀)(部分)。
満開の桜が描かれているので春でしょうか、江戸時代初期の役者たちの総踊りです。
お揃いの衣装を着て、舞台に出ていく花道を歩いています。

2024tohaku_67.jpg
犬追物図屏風(17世紀)。
犬追物は武士たちが弓の技術をみがく競技で、矢で犬を狙いますが、一応、矢尻は削ってあるそうです。
季節は春で、桜の花がたくさん咲いています。

以下、写真が多いのでたたんであります↓クリックで開きますのでどうぞ。 続きを読む
スポンサーサイト