FC2ブログ

ゆさな日々

猫・本・歴史・アートなど、その日見たもの考えたことをそこはかとなく書きつくります。つれづれに絵や写真もあり。

Entries

How many were there going to St. Ives?

maruneko7.jpg
帰宅してドアを開けたら娘にゃんこのお尻が目の前にあって
香箱座りしてるのかなと思って前に回ったらスフィンクス座りだった。
何が彼女に起こってここでこうしていたのか。

maruneko8.jpg
「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足になる生き物はなぁに?」
というのがスフィンクスが旅人によくするクイズとされていますが
あれどこでどんな風に生まれてどうやって現代まで伝わってきてるんだろう…みたいなことを
たまに真夜中に考えてドツボにはまります。
(余談ですがスフィンクスはギリシャ語で「きつく縛る」「絞め殺す」を意味するスピンクス(sphink、Sphinx)に由来し、
現代アラビア語では「畏怖の父」を意味するアブ・ル・ハウル(Abu al-Haul)ともいうのだそうな)

maruneko5.jpg
両親のオーストラリア土産のカンガルーバイオリン弾きと一緒に。

maruneko6.jpg
ふんふんと匂いをかぐ。念入りです。
たまに「食べられるのかしら」的なノリでぱくっと甘噛みされる場合もありますが
このカンガルーは無事でした。ホッ。

maruneko4_20171122224426a88.jpg
まんまる。
先日こたつを出したら布団で早速丸まって眠るようになりました。
もはやアンモナイトならぬニャンモナイト。

娘にゃんこは冬になると「ここはわたしの居場所」と言わんばかりに
こたつの半径3m以内から動かなくなります。
春や夏はよく外出するのに冬になると一切しなくなるので運動不足がちょっと心配。
人間がこたつに入ると70%の確率で娘にゃんこの頭やお尻をうっかり蹴ります。
理由:彼女がだいたいこたつのど真ん中を陣取っているから
そういうときに布団をめくると目が覚めた彼女と目が合って
「ああ…ここはわたしの場所だけどあなたの足くらいは入れさせてあげてもよろしくてよ」的な視線を感じます。
人間が用意して電気代も払っているというのに完全に主導権は猫様です。
仕方ない。かわいいから仕方ない。

maruneko3_2017112222442448e.jpg
別のまんまる。
母にゃんこは娘と違ってあまりこたつの中は好きではないようで、
冬の居場所はお昼は窓辺、椅子の上。夜は人の膝の上か羽毛布団によくいます。
たぶんその時の気分で行きたい場所を選んでいるんだと思う。

maruneko1_20171122224422304.jpg
母の膝にいたお姿があまりにも気持ちよさそうだったので激写。
冷え込む夜は「冷えるわね…」とでも言いたそうな百面相をしながら
さも座布団に座るかのようなノリで人の膝にのそのそと乗っかってきて
そのうちカックーンと寝落ちます。
うちの猫様はそんなに太ってないけど熟睡時に全体重をかけられるとやはり重い。でも立てない。
仕方ない。かわいいから仕方ない。(2回目)

maruneko2_201711222244248f2.jpg
ぐっすり。しあわせ。
スポンサーサイト

Comment

 

安穏。
ほっこりとします。
こういう子たちの姿っていいですよね。(=^・^=)

  • posted by hippopon 
  • URL 
  • 2017.11/23 09:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

> hippopon様

> こういう子たちの姿って
いいですよね!
安心しきっている姿はホッとします。しあわせを感じててくれたらいいなあ。
  • posted by ゆさ 
  • URL 
  • 2017.11/26 19:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ゆさ

Author:ゆさ
飼い猫に熱烈な愛をそそぐ本の蟲
歴史やアートも溺愛中
*twitterにも出没なう。→こちら

にゃんこたちの紹介文です↓
ぽちっとクリックしてご覧ニャされ。

初めての方はブログご案内をどうぞ。
当ブログはリンクフリーです(宗教、アダルトサイトは×)。
文章や画像の加工、無断転載は禁止。
版権元の企業や団体とは一切関係ありません。

All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.
This blog is written only in Japanese.



にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


☆気が向いたらクリックお願いします


FC2カウンター

キリ番踏んだ方、報告いただければイラストのリクエストを受け付けます☆詳細はブログご案内をどうぞ。

「小倉百人一首」

問い合わせ先

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

右サイドメニュー