FC2ブログ
2018 / 10
≪ 2018 / 09 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2018 / 11 ≫

京都に日帰り旅してきました☆
目的は京博の国宝展ほか随心院や聖護院の限定御朱印で、
さて他にどこへ行こうかと観光サイトを開けたら紅葉特集が目に飛び込んできて
じゃあいい機会だからかねてから気になっていた東山の紅葉を見てこよう!と思い至ったのでした。
当日は天気もよくて絶好の行楽日和だった!ありがたい。

2017kyoto155.jpg
いつものごとく夜行バスで早朝に市内入りして朝ごはん。
からふね屋さんのモーニング初めてだよ~。
このお店のメニューはボリュームがあって(当社比)1000円以下でこんだけ食べられます、
卵はふわふわでパンは厚切りもちもちでした。

2017kyoto156.jpg
バスで随心院へ。小野小町が余生を過ごした土地と伝えられています。
7年前にも訪れていますので小町関連の史跡などは省いて、今回は紅葉を中心に。
入口からこんなに綺麗^^

2017kyoto157.jpg
小町祭の限定御朱印^^
曼荼羅殿の字は普段もいただけるそうですが小町の料紙に書かれるのはこの時期だけですってよ!
数量限定とのことでしたが無事いただけてよかった^^

2017kyoto158.jpg
お庭の紅葉も見頃でした。

2017kyoto159.jpg
池にかかる紅葉と、水に映る紅葉と、水に落ちた紅葉の3つを楽しめる贅沢な空間。
寒くて朝も早かったせいか人が全然いなくてゆっくりできました。
冬が近いから空気も澄んでる気がした。

この後は電車で蹴上に移動。
2017kyoto160.jpg
南禅寺へ向かいますよ!写真は蹴上駅向かいにあるネジリマンポです。
中に入ってびっくりしたのですが、耐久性を高くするため煉瓦が奥に向けてぐるりと斜めに積まれているんですね。
(ちなみにこの上には蹴上インクラインが走っていたようです…それで丈夫に積む必要があったのか)

以下、写真が多いのでたたんであります↓クリックで開きますのでどうぞ☆

read more▼

【秋風にあふたのみこそ悲しけれ わが身むなしくなりぬと思へば】
こんばんは。いつも樂しく拜見させて戴いてをります。
随心院にいらつしやつたのですね。僕、こゝ、好きです。こゝと勧修寺。ザ、ベスト、オブ、京都です。
随心院は梅の頃しかお參りしたことがなかつたのですが、紅葉ね、良いですね。
南禅寺か。新緑の靑もみぢも最高ですが、良いですね、紅葉。放生池の邊り、良いですよね。

秋の夜も名のみなりけり逢ふといへば 事ぞともなく明けぬるものを

京都に行きたい心が抑へられなくなつて来ました。
【Re: 秋風にあふたのみこそ悲しけれ わが身むなしくなりぬと思へば】
> 橘右近大夫様

古今和歌集の小町の歌ですね!

随心院は静かでいいですよね。
わたしも梅の頃に拝観したきりでしたので紅葉の同寺は新鮮でした。
勧修寺の雰囲気も好きです!今回は行けなかったけど、そのうちまた行きたいなあ。

南禅寺界隈は紅葉があれだけすごいなら新緑の季節もよさそうですよね!
お寺に向かう道中も紅葉がいっぱいでした。

京都行きましょう!(笑)
この記事へコメントする















09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ゆさ

Author:ゆさ
飼い猫に熱烈な愛をそそぐ本の蟲
歴史やアートも溺愛中
*twitterにも出没なう。→こちら

にゃんこたちの紹介文です↓
ぽちっとクリックしてご覧ニャされ。

初めての方はブログご案内をどうぞ。
当ブログはリンクフリーです(宗教、アダルトサイトは×)。
文章や画像の加工、無断転載は禁止。
版権元の企業や団体とは一切関係ありません。

All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.
This blog is written only in Japanese.



にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


☆気が向いたらクリックお願いします


キリ番踏んだ方、報告いただければイラストのリクエストを受け付けます☆詳細はブログご案内をどうぞ。
問い合わせ先