fc2ブログ
2023_07
23
(Sun)23:52

赤ってのは運命の色のことを言うんだろ。

akagamiten_1.jpg
サンシャインシティで開催中の「あきづき空太デビュー20周年記念 赤髪の白雪姫原画展」に行ってきました。
最近は漫画家さんの展覧会が増えていてあきづきさんもそろそろやってくれないかな…と思っていたら
20周年という節目の年だったのですね。おめでとうございます☆
シティ入口のエスカレーター前にあったサイネージのCMをパチリ。

akagamiten_2.jpg
エスカレーターに乗ったところにも大きな広告が下がっていました。

akagamiten_3.jpg
展示ホールAに到着。
原画展の期間中には出張スタンドカフェも併設されていまして、
会場に行く前に覗いてみたら全然混んでなかったので先にこっちへ行くことにしました。

akagamiten_4.jpg
メニューはこちら。
ドリンクが中心でお菓子はアップルパイとプリントコロコロボーロが買えます。

akagamiten_5.jpg
ゲット。
数量限定のりんごジュースがどうしても欲しかったので買えてよかったです!!
すごいよりんごジュースなだけに容器もりんごだよ!
持ち帰って帰宅してから飲んだら甘すぎなくてさっぱりしておいしかったです。
容器は洗って保存しておこうと思います。原画展のロゴも入ってるから記念になるし。
アップルパイも買いました~2個入りで個包装されてたから持ち帰りやすくて有難かった^^

akagamiten_6.jpg
スタンドカフェの待機列の壁には原作にちなむマークと壁紙が3種類あって
専用のアプリをダウンロードして読み込むと
赤髪の白雪姫に登場するちびキャラたちがARで現れて一緒に写真が撮れたりします。
それぞれ曜日ごとに登場するキャラが変わるそうですよ~。

akagamiten_7.jpg
そんなわけで今度は原画展の待機列に並んで順番に入場。
入口では原作者あきづきさん描きおろしキービジュアルの5人のビッグアクスタと
原画展のCMが迎えてくれます☆
会場にはアニメで使われたBGMが流れていてクラリネス王国感がすごい。

akagamiten_8.jpg
アクスタ大きい~~~すご~~い!!
これ等身大とかだったりするんだろうか…ミツヒデさんとオビが一番身長高いからそんな感じします。

akagamiten_9.jpg
原画展オープンの前日の内覧会にあきづきさんがいらっしゃってたみたいで
白雪の足元にサインがありました。
あきづきさんのサインと自画像まじでかわいくて大好き☆

akagamiten_10.jpg
原画展開催にあたってのあきづきさんからのメッセージ。なんかコミックスの柱部分みたい(笑)。
「灯りの花の灯る道へとお進みください」ってすごくかわいい字で書かれててフフってなった。

akagamiten_11.jpg
原画展は白雪とゼンの出会いから始まり、クラリネス王城ウィスタル、薬室、セイラン領、
タンバルン王国、セレグ騎士団基地、リリアス、ルギリア領に分かれていて
それぞれのテーマごとにカラー原稿とマンガ原稿が展示されていました。
作者のペンタッチやトーン指示や絵の具のにじみやホワイト修正のあとを間近で見られる原画最高かよ…!!
あきづきさんのカラー原稿は途中からデジタルになりますが連載初期はアナログでいらっしゃったので
色の乗せ方とかペンのタッチからやさしさが感じられてじーんときてしまった。
印刷には出ない微妙~~~~なグラデーションとかかすれ具合とかたまんなくて
ものっそい至近距離で見てしまった…原画展の良さはこういうところですよ。
デジタルのカラー原稿は雑誌サイズに引き伸ばして展示してありました。メイキングとか見たかったな。
(とか思ってたら原画集にデジタルのメイキングが載ってました。ありがとうございます)
マンガ原稿は今でもアナログだそうで、各テーマごとにたくさんの生原稿が見られて幸せでした。
背景指示やトーン指示が青鉛筆で書いてあって(印刷に出ないのよね)原稿制作の雰囲気が垣間見えたり
大ゴマに原稿半分くらいのトーンを貼っててうおおでけぇ大胆…!って戦慄したりしました。
作家の生原稿を見ると作業したくなりますね…あああペン入れしたいゴムかけたいベタ入れたいトーン貼りたい!
わたしあきづきさんの描く線が本当に好きでして…繊細でさほどメリハリがあるわけではなくて
整ってはいなくてざっくりしていて、でもそこに色気とあたたかさと味わい深さがあるんですよね。
あとね、なんかこう、シャッシャッとペンを走らせる音が原稿から聞こえてくる感じがするんですよ!(耳鼻科へ行け)
フリーハンドからこんなに手触り感が伝わってくることがあるものなのかと、初めて見たときは感動したのでした。
確か書店に面出しされていた赤髪1巻の表紙の絵に惹かれてコミックス買って読んで
次の日に既刊だった3巻まで買って以来ず~~~~っとファンだし短編集なども買っています。
どうか健康に気を付けてずっとお元気で描き続けてほしい。

出口には原画展へのお祝いとして緑川ゆきさん、響ワタルさん、麻生みことさん、可歌まとさん、
暁さん、弓きいろさんといった白泉社の漫画家さんたちと
(あきづきさんは麻生さんのアシスタントをやられていて一番うまい新人さんだったって書いてあった)
(可歌さんは今回の内覧会にもいらっしゃったらしい)
アニメの監督の安藤真裕さん、キャラデザの高橋久美子さん、白雪役の早見沙織さん、ゼン役の逢坂良太さんからの
色紙が飾ってありました。(撮影禁止)
漫画家さんたちが描かれた白雪とゼンとかめちゃくちゃ貴重だし
早見さんの色紙にめっちゃ長文メッセージ書いてあって愛を感じました。
アニメの続き作ってほしいけど難しいのかな~~リリアス編をアニメで見たい。
あとコミックスの柱の原稿とか最近のコミックスの巻末に載っている設定画のラフなどもあって
すげ~~こういうのも見せてくださるのかと感動しました。あきづきさんの鉛筆の…筆跡…!!(かわいい)

以下は会場で撮影可だったものの写真たちです。
多いのでたたんであります↓クリックで開きますのでどうぞ☆
 
 
akagamiten_12.jpg
原画展の始まりは白雪とゼンが出会った森から、白雪が自分で切った赤い髪がありました。
りんごのガラスペンと赤いインク、縁のついたノートもエレガントだ。
白雪はよくガラスペンを使って仕事をしてますね。

akagamiten_13.jpg
白雪とゼンのパネル、ゼンの衣装再現。
忠実再現というわけではなく舞台衣装風の再現だそうですが
え、これ使ってぜひ2.5次元舞台やってほしいですけど?ってなるくらいきちんと作ってありました。
あとできれば衣装の背中側も見た方がいいですよ~壁際に置かれてるから見づらいですけど。

akagamiten_14.jpg
ラジ王子が白雪のもとに届けさせたりんご入りの籠。
おお…さっきの白雪の髪を束ねていたのと同じリボンではないか。
この頃のラジ王子は本当にどうしようもなかったけど、後になって彼は
人は変われるということを身をもって示してくれましたね。
いやしかしほんと気持ち悪いなこのりんご…。

akagamiten_15.jpg
ミツヒデさんと木々さん。
この2人はもう、本当に本当に、ゼンのそばに並んでいるだけでかっこいいです。
相棒という言葉がここまで似合う2人もいないと思う。

akagamiten_16.jpg
ミツヒデさんの衣装。
木々さんの衣装がなかった!!なんで!!??

akagamiten_17.jpg
オビ。手前の壁に刺さっているのは白雪に射かけた矢。
リボン、緑色だったんですね…そういえばアニメのリボンの色もそうだったな…。

akagamiten_18.jpg
リュウと薬室。
彼は何を隠そう、赤髪におけるゆさの最推しキャラでして
初登場からツボすぎて部屋中を転げまわったのを覚えてます。
大きくて分厚い本を読むのが好きっていう時点で好きにならないわけがない!
彼の成長をとても楽しみにしています。

akagamiten_19.jpg
薬室も再現されていた~~めっちゃ雰囲気ある!最高!!
入っちゃいけないのですが欲を言えば薬棚開けてみたかったし本を棚から取り出してみたかったよ~。

akagamiten_20.jpg
テーブルの上。
原作に描かれていた道具がみんな置いてあって、まるで職員の作業中のよう。

akagamiten_21.jpg
椅子に座ってる状態をイメージして撮影。白雪目線です。
再現展示はこういうことができるから楽しい~~ね~~!

akagamiten_22.jpg
壁にはランプ、ユラシグレの花、タペストリー。コミックスに描かれてたそのまんまですね。
ユラシグレのキャプションはリュウが書いてるのかなあ。

akagamiten_23.jpg
宮廷薬剤師の制服。
白雪が仕事中に着用するものですが、でも彼女ふだんはほとんど白衣だよね。

akagamiten_24.jpg
これなんだっけ…て一瞬わからなくて
実の先の十字の傷を見てああ、ロカの実だって思い出しました。香りでぐらんぐらんに酔うやつ。
そしてこっちの瓶はあれですか、ロカ酒じゃなくてガラクさんが飲んでるめっちゃ強くて辛口の酒^^

akagamiten_25.jpg
薬草園の1/12スケールのジオラマ。これすごかったですよ何から何まで!

akagamiten_26.jpg
薬草はもちろんプランターや樽や掃除用具まで完璧にそろえてありました。
いやほんと、今にも職員がやってきて採集とか始めそうな。
樽を見るとあきづきさんがどこかで「樽を描くのが好き」って書いてたのを思い出します。

akagamiten_27.jpg
周りをガラスがぐるっと囲んでいますのでね、ガラス越しに見るというやつをやりました。
この角度だと本物サイズっぽく見えるので中に誰かいるんじゃないかと想像しちゃいますね。楽しい。

akagamiten_28.jpg
イザナ陛下と戴冠式の衣装。
お衣装のローブがめちゃくちゃ長くてすごい…さすが国王…!ってなった。
長いローブが好きです。マントは風になびいてるのが好きです。(突然の性癖語り)

akagamiten_29.jpg
イザナ陛下の戴冠式の様子がミニジオラマになっていました。
マンガでもとても美しいシーンでしたけど、こちらも白に満ちていてとても厳かで美しかった。

akagamiten_30.jpg
白雪とゼンがウィスタル城の屋外でお話しているジオラマ。星のきれいな夜でしたね。
クラリネスは街も賑やかですが自然も豊かなのだよね。

akagamiten_31.jpg
ゼンが白雪に誓いをたてるシーンの再現。
自分が王子であることが白雪にとって多くの困難をともなうことがわかっているから
ともに生きてほしいと言えなかったゼンが、白雪ときちんと話をして気持ちを通じ合わせて
「この手を取ってほしい」と言えたときは拍手してしまったよね!
ありがとうってお礼を言ったゼンは心の底からうれしかったと思うし
白雪も悩んでたからちゃんと話ができてよかったと思う。名シーンですね。

akagamiten_32.jpg
2人はパネルですが剣とランプはしっかり再現されていました。
重量感ありそうだったな、剣…。

akagamiten_33.jpg
ウィスタル城の衛兵の衣装。

akagamiten_34.jpg
ウィスタル城の外観のジオラマ。
衛兵のみなさんが見張りをしているシーンとかでよく書かれますね。

akagamiten_35.jpg
リリアスでオビが雪の中に置いた短剣。
ゼンからもらって、白雪とリュウの前にふらりと現れたときのですね。
雪に指の跡まで残ってて、親指の位置からするとマンガと同じく右手で置いたのね。細かいよスタッフさん!

akagamiten_36.jpg
木々さんが19巻の表紙で着ていた衣装。
セイラン領にいるときは領主の跡継ぎだからパーティとかもドレスで出るんですよね。大変だ。
しかしめちゃめちゃ美しくてめちゃめちゃ似合っていたしめちゃめちゃかっこよかったな…。

akagamiten_37.jpg
セイラン領で行われたパーティーのワンテーブルの再現。
ヒサメさん相手にミツヒデさんがくだ巻いてたときのじゃないかな、これ…。

akagamiten_38.jpg
ラジ王子。
どんどんかっこよくなっていく姿が好きです。白雪に対して誠実であろうとするのが好き。

akagamiten_39.jpg
ラジ王子が白雪に贈った王家の友人の紋章。
ギャグかと思いきやものすごい役に立っている称号だし
今では白雪にとっても誇りになっているのが素敵ですね。

akagamiten_40.jpg
リリアスの薬学の館のジオラマ。
本がたくさんある図書館で、建物のつくりも古風で年季を感じさせる雰囲気が好きです。

akagamiten_41.jpg
薬学の館への入館証、ずっしり重たそうだった。
落っことしたら割れてしまいそう。

akagamiten_42.jpg
リリアスの薬室での制服。北国なのでふわふわモコモコしています。
ユズリさんが着ていて、とてもよく似合ってたなあ。

akagamiten_43.jpg
制服の隣に展示されていたノート。オリンマリスの記録かな…。

akagamiten_44.jpg
リリアスの街の様子。
白雪たちがみんなで作った雪だるまとか、ゼンが風邪ひいてるのを白雪に見破られた天幕とか。

akagamiten_45.jpg
白雪たちが吹雪で出られなくなった宿の寝巻き。
メモリアルな100話で着ていたものですね!
音楽に誘われてみんなが部屋から出てきて一緒に聴くの素敵だった~。

akagamiten_46.jpg
ウィスタル城の夜会のジオラマ。
白雪がオリンマリス研究のためにラタさんを呼び出したときの会場がここでしたね。

akagamiten_47.jpg
オリンマリスの種からフォスティリアスを作るときに使っていた器具。
隣に「オリンマリスからフォスティリアスへ」という解説パネルがあって
白雪たちの研究の軌跡がまとめられていました。

akagamiten_48.jpg
フォスキアとルクリティカに入れたオリンマリスの種からフォスティリアスの種を作る!!
中から発光しておりましたよいや~最っっっ高、よく再現してくれました。

akagamiten_49.jpg
エイセツさんがカゲヤさんに渡した給金3年分。
ルギリア編は未だかつて赤髪でこんな物語があったろうか…!というくらい闇が濃い内容で
ドキドキしながら読んでいました。
あとリュウの!怖い目に遭ったリュウのケアを!誰か!!(強火オタク)

akagamiten_50.jpg
仮面騎士の夜会に出席する白雪とオビが着ていた衣装。

akagamiten_51.jpg
同じく夜会で白雪たちが身に着けていた仮面。
これ全部エイセツさんの持ち物なんですよね。出席するたびに作ってるから。
むせかえるような香りに満ち満ちた空間の表現がとてつもなくて、あきづきさんてすごいなあ…と改めて思った。

akagamiten_52.jpg
会場の出口にあった、あきづきさんへのメッセージを書けるカード。
カードの裏にメッセージを書いて壁に下げるのですが
ものすごい長文を寄せている人もいたし神絵を描いている人もいて
うわどうしようと思ったけどわたしも書いてみたらものすごい長文になったのでそんなもんだった。
ファンの思いのたけよ原作者に届け。

akagamiten_53.jpg
ショップでお買い物をして(入るまでに30分お会計までに30分並んだ)出口で見かけたポスター。
サンシャインのくまざわ書店て行ったことなかったな~と思って行ってみることに。

akagamiten_54.jpg
お店に行ってみたら白雪とゼンのパネルがありました。

akagamiten_55.jpg
壁にはサイン入りカラー複製原画も。
あきづきさんのフェアをやっていて、コミックスがたくさん平積みされていました。

akagamiten_56.jpg
戦利品がえらい量になった。。
原画展でカラー原画集が販売されると事前に聞いていたのでそれは買う予定でしたが
まさかこんな大荷物になるとは。
わたしだいたい展覧会に行ってもグッズはそこまで買わないんですけど
今回は原画集買うからイラスト系のグッズは買わずに食べ物系だけ買お~とか考えてたはずなのに
なんか思ったより多くて気づいたら籠がいっぱいに。。
ミニキャラアイシングクッキーとりんごジャムとオリジナルブレンドハーブティーとりんごゼリーと
さっきカフェで買ったりんごジュースとアップルパイ。モチーフが白雪姫だからりんご尽くしです。
いやだって、食べ物系のグッズってまじでその場所でしか売られなかったりするじゃないですか…。
もうちょっと言うとクッキーは買うかどうか迷ったんですけど、箱に「クラリネス王国おみやげ」とか書いてあったり
箱の蓋にクラリネス文字全部書いてあるとかわかったら買うしかないじゃないですか…。
あ、あとフォスキアとルクリティカの石鹸があったので最初は両方買おうと思って籠に入れたんですが
お値段見て仰天してやっぱりどっちかにしようと悩んで結局フォスキアにしたんですが
帰ってきてからやっぱりルクリティカも買えばよかったと思い直し中。
だってええぇ赤髪の白雪姫モチーフの石鹸なんて後にも先にももう出ないよきっと!
お通販始まったら買おうかな…。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック