fc2ブログ

ゆさな日々

猫・本・歴史・アートなど、好きなものやその日考えたことをそこはかとなく書きつくります。つれづれに絵や写真もあり。

Entries

風を食べる生き物。

TheoJansen1.jpg
千葉県立美術館のイベント「ストランドビースト in 千葉みなと会場」に行ってきました。
千葉県誕生150周年記念・オランダ文化交流事業ということで
現在、県立美術館で開催中のテオ・ヤンセン展の関連イベントで
現代美術家のヤンセン氏が制作したストランドビースト「アニマリス・オルディス」(2006年)を
千葉ポートパークの海岸に沿って動かすというものです。
(千葉県とオランダは千葉が佐倉藩だった頃から蘭学を通じて交流があり、
現在もホストタウンとして交流をしているそうです)

TheoJansen2.jpg
ポートパークに着くとすでにこんな案内板の矢印があちこちにあって
迷わずにパーク内のビーチプラザまでたどりつけました。

TheoJansen3.jpg
わー!やってるやってる!!

TheoJansen4.jpg
これですアニマリス・オルディス!まじで歩いてる!
ちょっと動きを文章でお伝えするのは難しいので動画をご覧ください→こちら
自動車メーカーのCM用に制作され、ストランドビーストが世界的に有名になるきっかけになった作品だそうです。

テオ・ヤンセン氏はオランダの芸術家で、
彼の制作するストランドビースト(strand beest)はオランダ語で砂浜の生命体という意味だそうで
帆に風を受けて自走する作品群です。
プラスチックチューブやペットボトルを使って制作されるこのシリーズは
現在オランダが直面している海面上昇問題にヒントを得ているそうです。
人工的なエネルギーを使わず、風力のみをエネルギーとして動くビーストたちを
ヤンセン氏は「風を食べる生き物」と表現されています。

ヤンセン氏は春になるとストランドビーストシリーズの制作を始め、
夏になると地元オランダの海岸に連れて行って自由に歩かせて
秋になると連れて帰って、冬は家の中で過ごさせるそうです。
本当に生き物と生活してるみたいだ(*´▽`*)。
現在、10種類以上のビーストたちがいて
今回のイベントで海岸沿いを歩くアニマリス・オルディスは4mほどの大きさですが
大きなものだと10mを超す大きさのビーストも作っているそうです。

TheoJansen5.jpg
ご覧の通り、アニマリス・オルディスはプラスチックの骨組みに帆を張ったもので
海からの風を受けて動きます。
帆は実際に帆船に張られる布を使っているそうです。

TheoJansen6.jpg
写真撮影タイム。
アニマリス・オルディスに結んだ紐の先に重しをつけられてしまいました。
風で動かないようにという措置ですがさっきまでシャカシャカ動いている様子を見ているので
何だか気の毒になってくる。。

TheoJansen7.jpg
アニマリス・オルディスの足は、ヤンセン氏が作ったホーリーナンバー
(コンピュータで約1500通りのシミュレーションを繰り返して生み出したメカニズムで
別名「テオ・ヤンセン機構」といいます)の脚の仕組みがとてもよくわかります。
複雑に組み立てられたたくさんの足がシャカシャカと滑らかに動いて歩きます。
動画をご覧いただくとわかるのですが、足を前後に動かすだけではなくて
人間が歩くのと同じように足を持ち上げて降ろして進むというところに生き物のような生々しさを感じる。

TheoJansen8.jpg
抽選で当選した人たちがアニマリス・オルディスを押すイベントも。
離れた場所からの見学は無料ですが、こちらは事前に申し込みが必要だったようです。
かなりの倍率だったようで、選ばれし人々ですね。

TheoJansen9.jpg
コースアウトしそうになるとスタッフさんたちが駆けつけて「よいしょ」と持ち上げて軌道修正。
なんだか手のかかる子どもみたい^^
きっとそういうところに愛着が出て、さらに生き物っぽく見えるのでしょうね。

TheoJansen10.jpg
ビーチに立つポートタワーと一緒に。
このでっかいタワーが駅からよく見えたおかげで迷わずにポートパークまで着けたんですよ、
ありがとうございました。
姫路城とかもそうですけど、駅を出て「あの建物を目指せばいいんだ」ってわかると助かりますね。
(逆に駅に戻るときは高架の線路を目指せばいいのでやっぱり助かりました)

TheoJansen11.jpg
なんて思ってたら飛行機が横切って行った。
空にはカモメや鳶などもゆったり飛んでいました。いい天気でよかった。

TheoJansen12.jpg
イベントは午後まで続いていましたが、満足するまで見学したので離脱。
ストランドビーストシリーズは世界各地で開催されるヤンセン氏の展覧会で展示されていて、
日本でも北海道や島根などの展覧会で動かされていて
SNSで動画がバズっていたりしたので、一度動くところを見てみたいと思っていたので
よい機会があってよかったです。


TheoJansen13.jpg
せっかくなので県立美術館の展覧会も見て行こうかなと思ったのですが
とんでもなく長蛇の行列ができていて入場制限がかかって
入場までにも2時間待ちでチケットが札止め(!)になっていたので諦めました。
ポートパークのイベントの影響やこの日限りのステッカーの配布などもあり、
いつにも増して混雑してしまっていたようです。
今回わたしが一番見たかったのは海岸を歩くビーストだったので
目的は達成したのでまあ良いんですが、それにしてもすごい人気。
テオ・ヤンセン氏すっごく興味が湧いたのでまたの機会を待ちます。次は展覧会で動くビーストが見たいな。
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

ゆさ

Author:ゆさ
猫に熱烈な愛をそそぐ本の蟲
歴史やアートも溺愛中
最近は新幹線とシンカリオンも熱い
*twitterにも出没なう。→こちら

初めての方はブログご案内をどうぞ。
当ブログはリンクフリーです(宗教、アダルトサイトは×)。
文章や画像の加工、無断転載は禁止。
版権元の企業や団体とは一切関係ありません。

All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.
This blog is written only in Japanese.



にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


☆気が向いたらクリックお願いします

FC2カウンター

キリ番踏んだ方、報告いただければイラストのリクエストを受け付けます☆詳細はブログご案内をどうぞ。

「小倉百人一首」

問い合わせ先

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード