fc2ブログ

砂と同じくこの本には、はじめもなければ終りもないのです。

2011.01.18 23:55|一般書
内澤旬子さんの『センセイの書斎』を読みました。
著者の内澤さんが、作家や研究者や建築家やイラストライターや古書店や小規模文庫など、
合計31人の本棚や書斎を、イラストつきで紹介していらっしゃる本です。
林望さんとか養老孟司さんとか佐高信さんとか上野千鶴子さんとか現役バリバリの方々の他に
数年前に鬼籍に入られた米原万里さんとか石井桃子さんとか金田一春彦さんのレポもあって
あれ何でかなと思っていたら、単行本として出版されたものが今回、文庫になったとのこと。
お陰で彼らのことばで彼らの本棚が語られるのを聞くことができて、とても嬉しかったです。
こういう本はアーカイブにまわした方がいいと思う。

大ざっぱな感想から言えば、皆さん、本棚との付き合い方は多種多様。
開架式の本棚を見ると並べ替えをしたくなるから扉をつけちゃったとか(南伸坊さん)、
よく旅をするので必要な分だけ旅先にダンボールで送ってもらうとか(小嵐九八郎さん)、
棚に本を二重に置くのが嫌で、さっき本棚を注文してきちゃったところとか(逢坂剛さん)、
棚がいっぱいなので、新しい本がくると納めるまでに3時間かかるとか(深町眞理子さん)、
「なんだそりゃ」と思うものから「それすごくわかる!」と思うものまであって
改めて本とつきあう面白さを教えていただいたような気がしています。
あと、合間合間に必ず挿入される内澤さんのイラストの緻密さときたら!!
本棚の間取りや先生方の似顔絵や、本のタイトルの他に
先生のお仕事道具とか、お部屋に置かれている小物や楽器などもちょこちょこ描かれていて
それぞれのお人柄が想像しやすくなっているので、すごく楽しんで読める。
先生方も、本棚を紹介されるとき、自慢げだったり生き生きしていたり
照れくさそうになさったりしているのも、微笑ましくていいなと思います。

個人的に、ああ、こういう付き合い方いいなぁ~と思ったのが
小沢信男さんが本棚の一番上の棚を「神棚みたいなもの」と呼んでいること。
小沢さんが文章を書き出すきっかけになった先人たちの著書をずらっと並べているそうで、
「上から見守ってもらっている感じだね」っておっしゃるのがすてき。
本や人を深く尊敬していらっしゃるから、こんな言葉がするりと出るのだな…と思いました(*^ ^*)。

内澤さんは足かけ7年かけてこの本の原稿を完成されたそうですが、
これだけのそうそうたるメンバーの本棚をこんな風に紹介されてしまうと
「あの人の本棚もこの人の書斎も、内澤さんのレポで見てみたい!」と
思ってしまうのが本の蟲の性なわけですが。
(今回の本についても、おそらくはこの内容の倍以上の取材をなさったはずだし
原稿にまとめるにあたって泣く泣く削られたであろう部分も見てみたいんだけどな…とも)
たぶん「ごめんなさい」とお断りされた方もいらした中で、
(本棚ってすごく個人的な部分が出るので、仕事場の本棚は見せてもいいけど
自宅のはダメっていう人もいたみたいだし)
こんなにたくさんの人たちの本棚を紹介してくださったのはやっぱり有難いと思うわけでして。
あとがきに「(先生方にお話を伺った時間は)至福にして珠玉の体験だった」と
書かれているところを見ても、すごくそのお気持ちがわかる気がします。
わたしも大学時代、大学図書館やゼミの先生の書棚を拝見するのがとても楽しかったので…。
人様の知的人生に触れるのって、わくわくしてしまうのですよね。
本棚にはそれがあると思います。だから、やっぱり本と付き合うのってやめられないのですね。


彫り彫り。※クリックで大きくなります
鈴木春信の周辺事情その39。38はこちら
彫師の緑さんと打ち合わせ。
源さんからもらったアドバイス通りに、春さんが下絵に見当を入れてみたら、
彫り作業がスムーズに進んだようです。
五緑「下絵のこれ、便利っすねェ。何で今まで気がつかなかったんでしょ」
春信「おれもだよ。源ちゃんに感謝しなきゃね~。…右上、あと一彫り」
五緑「下絵より細くなりやすよ。いいんすか」
春信「うん。模様は細ければ細いほどいいんだ。糸みたく見えたら、しめたものだよ」
五緑「承知しやした。直したら、また連絡しやす」
春信「わかりました。楽しみだなぁ」
五緑「何せ、こんな何枚も彫るのは初めてっすからねェ。うまくいくといいっすね」
春信「大丈夫、うまくいくよ。あ、でも、摺ってみて具合が悪かったら、ちょっと手ェ加えるかも」
五緑「構いませんよ。後で連絡くださると、こっちも今後の参考になりやす」
春信「うん!」
ものづくりでわくわくする職人たちです。


クリックで拍手お返事。↓
皆様いつもありがとうございます(^-^)/☆
 
 
>kiyon様

んにゃ~~母にゃんこに(鼻にまで!)コメントありがとうございます☆
にゃんこは最強和みアイテムですよね~vvv
もう大好きすぎて、外とかで知らないにゃんこを見かけると「にゃーん」とつい声をかけてしまいます(笑)。

>ノビャー
うおぉすみません(^ ^;)思いついた言葉をそのまんま書いてしまいました。。。
楽しんでいただけたなら幸いですvvv

えっ春さん、色っぽ……えええぇぇぇほんとですか!!??うひゃーめっちゃ嬉しいです!
いつも「そんなにはっきりわからないように、でもほんのり色気を出したいなぁ」と思って描いているのですが
なかなか納得のいく色気が出せず、しゅんとしていたので
kiyonさんのお言葉でものすごく元気出ました!!!
こ、これからも色気のある彼らを描けるように、がんばりますっ(≧▽≦)
いつも嬉しすぎるコメント、本当にありがとうございます~~☆
スポンサーサイト



テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌

コメント

本の力

ゆささん、こんにちは^^

いい本に出会えるって、素晴らしいですね。
知的探究心の話で好きなのは、寺山修司氏が
他人の家に遊びに行くと、本棚だけではなく
冷蔵庫に貼っているメモの裏まで見たそうで
すから、凄いなーと思ったりしたものでした。

自宅の本棚を見るとその人の世界も感じられ
ますけど、全然本を読まない人もたくさんい
ます。深いことを分りやすくいうことが、実
はとても難しい作業なんだと思います。我が
家の長男も本の虫になってきたようで、大人
になるまでに、図書館のある本は全部読んで
みたら、とアドヴァイスしていますが、万巻
の書を読んでも、真理は掴めないからね、と
も言っています。けれども、本は値段が安い
のに、それ以上の何倍もの価値があるものも
ありますもんね。作家は素晴らしいです^^

Re: 本の力

> はなさかすーさん様

> 寺山修司
おおぅ、そのお気持ち、何となくわかる気がします~。
本棚もそうですが、人様の冷蔵庫って気になるのですよ(コラッ)

> 深いことを分りやすくいう
はい、難しいですね~。
わたしも誰かと会話するとき、どうすればうまく伝わるかなぁ~と模索する日々です。
家族や友達だったら汲み取ってくれるんですけど、
初対面の人とかだと、どう伝えたものかな…とか、思ってしまいます。

> 我が家の長男も本の虫に
わーっ本当ですか!?(≧▽≦)☆素敵なことだと思いますよ~~!!
わたしも子どもの頃は図書館の本を制覇しようともくろんでいましたが、
今は…いや、まだ目標だけは持ち続けたい。。。(笑)
そうですね、本を読むだけではなくて、時には、
寺山さんがしたように町へ出なくては世界が見えてきませんものね(^ ^)。

> 本は値段が安いのに、それ以上の何倍もの価値があるものも
おっしゃる通りです!
本の内容は形態とは関係ないと思います(^ ^)。
良書はどんな形をしていても良書ですvvv
非公開コメント

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

ゆさ

Author:ゆさ
猫に熱烈な愛をそそぐ本の蟲
歴史やアートも溺愛中
最近は新幹線とシンカリオンも熱い
*twitterにも出没なう。→こちら

初めての方はブログご案内をどうぞ。
当ブログはリンクフリーです(宗教、アダルトサイトは×)。
文章や画像の加工、無断転載は禁止。
版権元の企業や団体とは一切関係ありません。

All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.
This blog is written only in Japanese.



にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


☆気が向いたらクリックお願いします

FC2カウンター

「小倉百人一首」

問い合わせ先

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

応援中

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード