fc2ブログ
  • 2023_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2023_11

ゆさな日々

猫・本・歴史・アートなど、好きなものやその日考えたことをそこはかとなく書きつくります。つれづれに絵や写真もあり。


5月の花たち。

  1. 2013/05/28(火) 23:56:42_
  2. 徒然写真
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
5月中に撮影した花の写真が、結構たまってきたのでアップしてみます~。

まずは我が家の上の庭から。
ここがいいの。
石楠花。割と背の高い花です。
他はみんな空に向かって伸びながら花を咲かせているのですが、
この子だけなぜか地べたに這いつくばっていました。
最近は暑い日が続くから日陰で咲きたかったのかもしれない。

色とりどりよ。
箱根空木。
咲いているうちに花の色が薄紅から赤へと変化していく、面白い花です(^ ^)。
木の花なんですけど、お花畑にいるような錯覚があるなあと。

今年はこれがせいいっぱい。
下の庭の芍薬。
去年は満開でしたけれども、今年は疲れちゃったのかポツポツ咲き。

ちなみに連載中のお話に出てくる牡丹ちゃんのモデルはこの花だったりします。
牡丹じゃないけどね。咲き方が毎年一定じゃないあたりが、ね(^ ^;)。

全部で咲かなくってもいいじゃないの。
紫蘭。
開いてるんだか開いてないんだか、この微妙な咲き方がツボ~♪


他にも、うちの庭以外にパチパチした花があるので、いくつかご紹介。
もっさり。
GWの仙台旅行で仙台城址に行ったとき、城址内の護国神社にあった桜の花です。
ものすごく大きな花びらが神社いっぱいにあふれていました。

ひんやり。
鎮魂の泉に落ちていた桜。
水に落ちた花ってきれいだと思う。

……。
さて、これは何でしょう。

じゃーん。
正解はこちら☆
青葉城本丸会館の入口にありました。七夕祭に使われるのかなあ。

ゆるゆると。
平泉旅行で訪れた毛越寺の枝垂桜。ちょうど満開でした☆
桜の向こうに見えるのが本堂です。

☆
星の王子さまパーキングエリアに咲いていたパンジー。
後ろの岩は3つの山の形をしていたから、たぶん、王子さまの星にある火山のイメージだと思います。

花をぼーっと見るのが好きです。癒される。マイナスイオンの力だなあ。


今年の彩の国の5月は、例年より暑かったような気がしています。
熊谷と鳩山と本庄はさっさと報道デビューしたねえ。いつものこと。
(北部がやたら暑かったり、そんな暑い北部にガリガリ君製造工場があったり
番組をつぶしてまでレッズ戦orアルディージャ戦を放送したり
ももクロコンサートを4時間ぶっ通しで放送したりする彩の国がわたしは好きです^ ^)
仕事の担当が変わったせいもあり体力ゲージが常にMAXでした…原因不明のほてりは起こるし。
ぶっちゃけ来月の谷山浩子さんコンサートと、再来月の観劇(時代劇と歌舞伎)が目下の楽しみです♪
歌舞伎は市川猿之助襲名披露公演ですがチケット即日完売したんだよねあれ…。
ようやく取れた席が、舞台に近いんだけど異様に右側なので
一体どんな視界になるのかとってもwktkです。「皆さま左手をご覧ください」的な。的な。


あかり。※クリックで大きくなります
「貫之1111首」古今集編その23。22はこちら
その夜。貫之が満足そうな顔をしていました。
2首をどこに配置するか決めたようです。

一子「決まったの」
貫之「十二巻の恋歌と、十巻の物名に収録する。明日、帝に奏上の文を書く」
一子「そっか」
貫之「……」
一子「……」
貫之「あのさ、一子」
一子「なに」
貫之「花を、増やしていいかな」
一子「どこに」
貫之「牡丹の、となりに」
一子「ふーん。いいよ」
貫之「ありがと」
一子「…また、賑やかになるのかしら」
貫之「やめてくれ。牡丹は1人でじゅうぶんだ」

一子が作っているのは、牡丹ちゃんのための衣です。
春までに作ってあげると、以前に約束したもの。
スポンサーサイト




テーマ : 花の写真    ジャンル : 写真

<<青いジャケットを着たウサギ。 | BLOG TOP | そこにいた人たち。>>

comment

  1. 2013/05/29(水) 22:43:38 |
  2. URL |
  3. TOM-F
  4. [ 編集 ]
うむむ、やはり素敵なゆささん邸のお庭(これ書くの、何度目だろう)
咲き誇る花も美しいですけど、水に落ちた花もまた美しいですね。落下流水というのは寂しい言葉ですが、日本人の感性に訴えかける、えも言われぬ深い味わいがあるように思います。

貫之さん、ようやく吹っ切れたようですね。穏やかで優しげな眼差しが、とても素敵です。

Re: タイトルなし

  1. 2013/05/31(金) 23:13:23 |
  2. URL |
  3. ゆさ
  4. [ 編集 ]
> TOM-F様

両親が好き勝手に色々植えたり、鳥に種を落とされたりしてこんなになりました。
なんだかんだ賑やかです(笑)。

水に落ちた花きれいですよね☆
水盆というのもありますし、水面に咲く蓮とか、いいなーと思います。

貫之はようやく余裕が出てきましたね( ˘ω˘ )。
次回で喪服を脱ぐ予定です。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆさ

Author:ゆさ
猫に熱烈な愛をそそぐ本の蟲
歴史やアートも溺愛中
最近は新幹線とシンカリオンも熱い
*twitterにも出没なう。→こちら

初めての方はブログご案内をどうぞ。
当ブログはリンクフリーです(宗教、アダルトサイトは×)。
文章や画像の加工、無断転載は禁止。
版権元の企業や団体とは一切関係ありません。

All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.
This blog is written only in Japanese.



にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


☆気が向いたらクリックお願いします

FC2カウンター

キリ番踏んだ方、報告いただければイラストのリクエストを受け付けます☆詳細はブログご案内をどうぞ。

「小倉百人一首」

問い合わせ先

月別アーカイブ

検索フォーム

« 2023 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード